2019年06月11日16時30分

ベセスダ、ゲームストリーミングサービス「Orion」を発表

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ベセスダ・ソフトワークスは6月9日、E3 2019で開催された「Bethesda E3 Showcase」にて、ゲームストリーミングサービス「Orion」を発表した。

Orion
「id Software」のエンジニアたちが開発したゲームストリーミングサービス「Orion」

 Orionは、ゲームエンジン「id Tech 6」を開発した「id Software」のエンジニアたちが開発したゲームストリーミングサービス。ゲームエンジン自体に組み込むことで、フレームあたり最大20%の遅延低減や必要帯域最大40%低下などといったパフォーマンスを発揮するという。

 プレーヤーは、Orionの技術によって素早い反応が求められるFPSでも遅延を感じない高速なパフォーマンスを楽しめるほか、IPS帯域の使用率を抑えて利用可能なエリアが広がることで、データセンターから遠く離れた場所に住んでいても高品質なゲームプレーが可能とのこと。

 開発者は、ゲームへの実装が容易なOrionのSDK(Software Development Kit)を利用することで、最小限の労力でプレーヤーにゲームストリーミング体験を提供できるという。

 ストリーミングプロバイダーは、Orionを利用することでより広範囲の顧客に低コストかつ高品質のサービスを提供可能に。データセンターへの設備投資を大幅に低下させることで、実質的にストリーミングサービスの運営コストも低減できるとしている。

 同社は、自宅で「DOOM」のストリーミングを無料で体験できるOrionのパブリックトライアルを近日中に開始する予定。Orionのパブリックトライアルの申し込みは、「DOOM Slayers Club」のメンバー登録が必要となる。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking