2019年06月11日09時00分

2kg強と軽量で、デスクトップに近い作業領域を持つ15.6型「VAIO Pro PH」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
「VAIO、法人向く。」の現在を探る第45回
↑「VAIO Pro PH」はブラックとシルバーの2色

 あれから1年半、ついにVAIO Pro PFやPGと統一感のあるデザインが採用され、スタイリッシュに生まれ変わったのが、今回の新しいVAIO Pro PHである。オールインワンノートとして、光学ドライブが搭載可能で、15.6インチの大画面は4K解像度も選択できる進化を果たした。

 モバイル利用を中心に考えたほかのモデルは、TDP15Wの省電力タイプのUプロセッサーを使用しているが、この製品はデスクトップリプレースを視野に入れた製品であるため、第8世代Core iシリーズの中でも、TDP45W/6コアのHプロセッサーを搭載する。そのため高いCPU性能が求められる用途にも十分対応できる製品といえるだろう。

 まずはパフォーマンス面から見ていこう。CPUは従来モデルでは、Core i3を選択できたが、今回のモデルではCore i7-8750H(2.2GHz/最大4.1GHz)とCore i5-8300H(2.3GHz/最大4GHz)の2種類のみとなる。特に上位のCore i7-8750Hは6コア/12スレッドに対応。CINEBENCHなどの結果では、旧世代のHプロセッサー搭載の従来モデルに比べて約1.5倍。さらに、モバイルノートの多くが搭載する、Core i7-8565U(標準状態)との比較では、2倍以上の性能差があるとしている(ただし、同じCore i7-8565Uを搭載する、VAIO Pro PKではCPUを独自チューニングするVAIO True Performanceを取り入れているため、より高速だとしている)。

 デスクトップマシンからノートに乗り換えた場合、モバイル系の機種では、ちょっと力不足と感じることもあるが、VAIO Pro PHなら、遜色ないパフォーマンスを発揮することだろう。

 消費電力の増加によって、従来より大きい、19.5VのACアダプターとなったが、モバイルではなく、オフィスのデスクに置いたままで使う機会が多くなるので、特に問題はないはずだ。なお、ほかのモデルで採用されているVAIO TruePerformanceのチューニングは適用していない。十分にパフォーマンスが高いというのがその理由だ。発熱に見合った冷却システムを構築するコストと、パフォーマンスの向上を天秤にかけた結果でもある。

「VAIO、法人向く。」の現在を探る第45回
↑ACアダプターは供給電力が高くなったため、サイズが大きくなった

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking