2019年05月13日14時35分

ABEJA、自然言語処理モデル「BERT」活用のコンタクトセンター向けサービス開始

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
ab

 ABEJAは5月13日、コンタクトセンター向けサービス「ABEJA Insight for Contact Center」を開始すると発表した。

 最新の自然言語処理モデルである「BERT」を活用。同社が蓄積してきたノウハウを使い、企業のコンタクトセンターのAIによる自動的な対応レベルを飛躍的に高め、待ち時間の短縮や不要なやりとりの解消、顧客の満足度向上につなげていくという。

 BERTなどの最新の自然言語処理モデルを現実的なレベルで実装する際には、学習するためのテキストデータ集である「コーパスセット」を大量に用意しなければいけない点や、コーパスセットをモデルに学習させるために膨大な時間をかけて計算しなければならない点が課題とされている。

 ABEJAは、これまで構築してきたABEJA Platformで提供されているアノテーション機能や高い計算処理能力を活用し、迅速に実装できる環境を整えているという。これまで社内システムで使ってきた膨大な業務用の文章を用意するだけで、高品質なコンタクトセンター向けのAIを構築可能だとしている。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking