2019年05月01日21時30分

日本航空(JAL)、VRを活用した遠隔操作ロボットを開発

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
2

 日本航空(JAL)は、インディ・アソシエイツのVR技術を用いた遠隔操作ロボットをベースに、空港での活用を想定したアバターロボット「JET(ジェット)」を開発した。

 Wi-Fi通信を利用した人型の遠隔操作ロボット。操作者はVRヘッドセットを装着するだけで、ロボットの移動や、腕と顔を動かすなどの感情表現ができる。

 すでに同社は、2019年4月22日から4月24日までの期間中、羽田空港でJETによる案内業務のトライアルを実施。空港スタッフの代わりに、利用客を案内した。

 国内外の空港でさまざまな案内業務を想定したトライアルを実施し、JETの活用方法を検証。操作性の向上や、案内業務以外でも活用できる機能を強化し、2020年から一部実用化を目指すとしている。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking