2019年04月28日01時00分

拘束状態でプレイするVR脱出ゲームなどに注目【ニコニコ超会議2019】

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 千葉・幕張メッセにて4月27日(土)、28日(日)の2日間開催される「ニコニコ超会議2019」。初日の27日(土)は、天気の悪いにも関わらず多くの人が訪れ、いろんなブースで楽しんでいた。

 さてさて、そんななかVR担当者としてVRコンテンツを探してみたが、最近は闘会議があるためかデジタルゲームの類はあまり出展がなく、VRヘッドマウントディスプレーを被る体験もほぼ見当たらない。そんななか、インディーズゲームブースにてあまた株式会社によるVR脱出アドベンチャーゲーム「Last Labyrinth(ラストラビリンス)」を発見。

VR
インディーズゲームブースは、超ゲームエリアの一角にある。マップにも詳細情報が掲載されていないので、割とわかり辛い。数こそ少ないが、気になるゲームがちらほら

指先と頭しか動かせない状態で脱出を図る意欲作

 ラストラビリンスは、「VR時代に新しいアドベンチャーゲーム」をコンセプトに開発されたVR脱出アドベンチャーゲーム。プレイヤーは椅子に座った状態で身体を拘束具で固定されていて自由が効かない状態。

VR
不思議な魅力を持つ少女カティアのポップが目印
VR
プレイヤーの状態が分かる模型が用意されていた。車いすに乗せられ、全身くまなく拘束されている

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking