2019年04月23日09時00分

友だちに複垢を発見された!? つぶやき初心者の炎上防止策

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
snstips012_ph01_Resize
お子さんがつぶやき初心者ならば、本記事を参考にプライバシー設定の変更を促してください

炎上案件御用達のTwitterだが、じつは防止策も用意されている

 10代においてTwitterは相変わらず高い人気を誇っている。ところが、Twitterは今も昔も炎上の原因となることが多い。また、出会い系被害などにつながることでも知られている。

 Twitterにも、安全のためにできる設定が色々と用意されていることをご存知だろうか。Twitterでおすすめのプライバシー設定についてご紹介したい。

Twitterは複垢の個人特定も容易

 MMD研究所とマカフィーの「高校生、大学生、社会人20代・30代のSNS利用に関する意識調査」(2018年3月)によると、高校生の52.7%、大学生の44.5%がTwitterを実名で利用している。大学生になったときに作成するいわゆる「大学垢」などを実名で利用しているのだ。

 ある大学で大学垢の話になったところ、そのうち1人が「◯◯ちゃんの高校垢知ってる。たぶんこれってすぐにわかった。フォローはしていないけれど」と言っていた。「おすすめユーザー」で表示されたり、特定の話題で検索していたときに偶然見つけたりなど理由は様々だが、「友達の複垢を見つけたことがある」という子は少なくなかった。

 当連載でご紹介した通り、若者はTwitterで複数のアカウントを利用することが多く、その他のアカウントは匿名で利用することが多い。しかし、匿名でも個人特定はとても簡単だ。ツイート内容や写真、フォロワーなどの情報を照らし合わせることで、個人情報は簡単に集められてしまう。悪意あるユーザーに特定される可能性もあるので、投稿内容ややり取りする相手にはくれぐれも注意したい。

安全のために変更しておきたいTwitterの設定

 ホーム画面で左上のプロフィールアイコンをタップし、「設定とプライバシー」をタップ。続いて「プライバシーとセキュリティ」をタップしよう。

snstips012_ph01_Resize
ホーム画面で左上のプロフィールアイコン→「設定とプライバシー」をタップ
snstips012_ph01_Resize
「プライバシーとセキュリティ」をタップ

 「ツイートを非公開にする」をオンにすると、いわゆる鍵アカウントにできる。ツイートはフォロワーのみに公開され、以後新しいフォロワーは1人ずつ許可することになる。公開のままだと検索の対象となり炎上につながりやすくなるので、初心者のうちは鍵をかけておくことも検討したい。

 「すべてのアカウントからメッセージを受け取る」は、オンのままだとフォローしていないアカウントを含むすべてのアカウントからダイレクトメッセージが受け取れる。スパムや出会い系などの問題あるメッセージが届く可能性があるので、オフが推奨だ。

snstips012_ph01_Resize
「ツイートを非公開にする」をオンで鍵垢にできる。「すべてのアカウントからメッセージを受け取る」はオフ推奨

 「見つけやすさと連絡先」をタップし、「メールアドレスの照合と通知を許可する」「電話番号の照合と通知を許可する」をオフにしておこう。

 それぞれがオンのままだと、メールアドレスや電話番号を登録しているユーザーから見つられやすくなるため、意図しないユーザーとつながってしまう恐れが増す。匿名で複数アカウントを運用している場合も、オンになっていると「おすすめユーザー」などに本垢が表示されて見つかってしまう可能性が高くなる。

 また、「アドレス帳の連絡先を同期」もオフ推奨だ。同期すると、つながりたくないユーザーとつながってしまうことがあるので注意してほしい。

snstips012_ph01_Resize
「見つけやすさと連絡先」をタップ
snstips012_ph01_Resize
「メールアドレスの照合と通知を許可する」「電話番号の照合と通知を許可する」「アドレス帳の連絡先を同期」はオフに

 「正確な位置情報」は、無効のままにしておこう。オンにするとツイートに位置情報が追加できるが、リアルタイムで投稿されることが多いTwitterではこのような情報は追加しないほうがいいだろう。

snstips012_ph01_Resize
「正確な位置情報」はオフ推奨

 Twitterでも様々な安全設定が用意されているが、設定だけでは炎上や出会い系被害などを防ぐことは難しい。投稿内容に気をつけたり、知らない人と気軽にやり取りをして会ったりしないなどの使い方が一番大切なことは、子どもに伝えておいてほしい。

■関連サイト

著者紹介:高橋暁子

snstips001_ph02

 ITジャーナリスト。書籍、雑誌、Webメディアなどの記事の執筆、監修、講演などを 手がける。SNSや情報リテラシー教育に詳しい。『ソーシャルメディア中毒』(幻冬舎)、『Twitter広告運用ガイド』(翔泳社)、『できるゼロからはじめるLINE超入門』(インプレス)など著作多数。テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などメディア出演も多い。公式サイトはhttp://akiakatsuki.com/、Twitterアカウントは@akiakatsuki

■Amazon.co.jpで購入

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking