2019年04月14日12時00分

Galaxy A80の「飛び出す回転カメラ」を実機レビュー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
Galaxy
回転式カメラが飛び出すGalaxy A80

ハイエンドモデルと変わらぬサイズ感

 サムスン電子が4月10日に発表した「Galaxy A80」はフロントカメラを廃止した代わりに、背面側のリアカメラが上部にスライドして180度前面に回転してフロントカメラとしても使える特殊なギミックを搭載しています。4800万画素+800万画素ウルトラワイド+3D深度測定というトリプルカメラ仕様も気になるところ。ミラノで行なわれた新製品発表会会場でカメラ周りを中心に、実機をテストしてみました。

Galaxy
ノッチのない全画面ディスプレーを採用するGalaxy A80

 Galaxy A80の本体サイズは約76.5×165.2×9.3mm。6.7型(2400x1080ドット)の大きいディスプレーを採用するため、やや大柄な印象です。しかし、フロント面がすべてディスプレーになっていることもあり、手に持った印象は数値ほど大きくありませんでした。

Galaxy
6.7型ディスプレーの大型モデルだが、大きいとはあまり感じられない

カメラはトリプルカメラ
イン・アウトで同じレンズが使える

 背面にはトリプルカメラが並びます。このカメラ部分が上部に動くため、カメラの下部分にはラインが入っています。なお、表面はガラス仕上げに似た質感で、同じカメラが上下するギミックのOPPO「FIND X」と比べると、Galaxy A80のほうが傷がつきにくそうで質感も高いと感じられました。カバーを付けずとも日々気にせず使うことができそうです。

Galaxy
背面には稼働式のトリプルカメラを搭載。光沢ある仕上げの質感はいい

 ハードウェアの特徴としては、3.5mmヘッドフォンジャックは廃止されています。本体上部側は可動パーツであることから何もなく、下部側にUSB Type-C端子とスピーカー、SIMスロットを備えます。

Galaxy
本体上部
Galaxy
本体下部

 カメラ部分をよく見ると、可動部分と本体には隙間はなく高精度に仕上げられています。カメラは中央が4800万画素、右が800万画素、左が3D深度測定用です。さらにLEDフラッシュもここに収められています。カメラ部分は本体から若干飛び出ています。

Galaxy
カメラ周りをアップで見る

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking