2019年04月11日09時00分

富士通クラウドテクノロジーズ、不正侵入検知サービスとリモートアクセスVPNを提供開始

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
8

 富士通クラウドテクノロジーズは4月10日から、パブリッククラウドサービス「ニフクラ」において、「IDSサービス」と「リモートアクセスVPNゲートウェイ」を提供開始した。

 企業におけるクラウド利用の本格化とともに、パブリッククラウドに求められるセキュリティー要件が多様化しているという。自宅や外出先でのリモートワークが浸透しつつあるなど、エンジニアの働く環境も変化している。開発やメンテナンスなどの業務で、セキュリティーと利便性の両立が求められるとのこと。

 IDSサービスは、システムへの不正侵入をインターネット通信を監視することで、検知し、管理者に通報するサービス。導入時のネットワーク設定変更が不要。誤検知した際でも、自動での接続遮断はしないので、提供継続性が求められるシステムの監視に適しているという。

 価格は基本利用料金(1IDあたり)が16万2000円/月、監視対象料金(1IPあたり)は1万6200円/月。オプション料金はカスタムポリシー導入作業料金(作業1回あたり)が62万6400円/回、カスタムポリシー利用料金(1IDあたり)は8万1000円/月。 

 リモートアクセスVPNゲートウェイは、クライアント側の設定のみで「ニフクラ」にVPN接続できるサービス。サービスを経由することで、自宅や外出先など、オフィス以外の場所でも、ニフクラ環境で開発やメンテナンスを安全にできるという。価格は月額プランが1万584円、従量プランは毎時19円前後。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking