2019年03月20日11時00分

バルセロナMWC併催イベント「4YFN」 日本スタートアップら20社が見せた存在感

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
images

モバイル業界最大級のイベントに併催されるスタートアップイベント

 2019年2月25日から27日の3日間、スペインのバルセロナにてスタートアップ企業の展示イベント「4YFN」が開催された。4YFNは「4 Years From Now」の略称で、文字通り「ここから4年」、4年後の成長、4年後には当たり前に使われていることが期待されるスタートアップ企業が集まり、来場者に向けて自社製品、サービスをアピールする場となっている。

 またこのイベントは、世界最大級の通信、モバイル関連の総合展示会「MWC」に併催される形で開催されるため、現在もっとも重要なビジネスシーンでもあるモバイル業界から世界中の通信事業者、関係するビジネスマンが集まる中で、一気に存在感を発揮できるかもしれないという絶好のビジネス機会となっている。

 4YFN単体でも136の国と地域から760社以上の出展企業と、約2万3000人の来場者が訪れた。2019年で6回目の開催となるが、年々、注目が集まってきているイベントだ。

 ブースはスペイン、カタルーニャ州、Barcelona Tech Cityといった、政府やアクセラレーター、インキュベーターに加え、デロイト、アクセンチュア、エアバスといった大企業が大きなスペースをもちに、その中に支援先のスタートアップ企業が複数スペースを並べる形で出展しているスタイルの展示イベントだ。

 もちろんB2B、通信に限ったものではなく、数多くの先進的な製品、サービスが所狭しと並んでいる。会場は1日目から多くの来場者であふれていたが、MWCを目的に訪れていた来場者も4YFNに足を運び始めるため、2日目以降はより盛り上がりを見せていたのが印象的だった。

images
バルセロナ&カタルーニャ州のスタートアップハブブース
images
スペインブース
images
「THIRD-i」は前方カメラ付きで安全に歩きスマホができる(!?)ようになるカバー型ガジェット。プロモーションビデオでは電車内で前方の男性を点数評価する女性のデモも……。ポケモンGOのようなアプリと連携したいという
images
「NOVA MEAT」3Dプリンターで植物ベースのたんぱく質でステーキをプリントするフードテックの地元バルセロナのスタートアップ。チューブからペーストを固形していく、鶏肉のような味わい

 日本からはJETRO(日本貿易振興機構)が、ジャパン・パビリオンを設置して、日本から20社が展示を行なった。「欧州イノベーション・ミートアップ」という、日本国内のスタートアップ、中小企業の国外進出をサポートする取組によるものだ。

 4YFNのほかにもJETROは2018年5月にフランス・パリで開催された「VivaTechnology」、10月にイギリス・ロンドンで開催された「TECHDAY LONDON」、また1月にはドイツ・ミュンヘンにてオープンイノベーション商談会を実施。「欧州イノベーション・ミートアップ」というカタチで、2018年度数多くのスタートアップ企業が、欧州でビジネスチャンスを得た。

images
JETRO(日本貿易振興機構)の「ジャパン・パビリオン」

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking