2019年03月19日15時50分

3Dスキャンの米Matterportが資金調達

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
Matterport

 3Dスキャン技術を有し、世界最大級の空間ライブラリーを提供している米Matterportが、4800万ドル(およそ53億円)の資金調達を行なった。強みである3Dスキャン技術をベースに、クラウドサービス等事業拡大を進めるとのこと。

 Matterportは、3D空間スキャンカメラの販売や、現実世界の写真をVR空間に再現するソリューションの提供を行なうスタートアップ。主に不動産業界や建築業界、旅行業界で使われている。スキャンしたデータは、VRヘッドセットを使いバーチャルツアーを行なったり、360度パノラマ写真を作成したり、2Dの平面図を作成できる。今回の資金調達前の企業価値は3.25億ドル(およそ350億円)とも言われている。

 ハード面では、撮影を巡る近年の変化として、スマホのカメラ性能向上、低価格の3Dカメラが多数出てきた点が挙げられる。そこでMatterportは、オリジナルのハイエンドカメラを継続する一方で、低価格デバイスメーカーとの提携を打ち出すという転換を図っているという。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking