2019年03月18日14時00分

NEC、カードも現金も使わない「顔パス」決済の実証実験を開始

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 日本電気は3月18日、生体認証による決済の社会実装に向けた取り組みの一環として、クレジットカードと連動した顔認証決済サービスの実証実験を発表した。期間は3月18日から4月19日まで。

nec

 実証実験は、世界No.1の認証精度をうたう顔認証AIエンジン「NeoFace」を活用し、手ぶらで代金支払いが可能なキャッシュレス決済を提供するという。対象となるのは、NECグループ社員向けの福利厚生施設「NEC芝倶楽部」の飲食サービスの利用者。

 顔認証決済サービスは、PCやスマートフォンなどで、事前に撮影・登録した利用者の顔画像とクレジットカード情報をシステム上で関連付けるもの。支払いの際に、レジカウンターに設置したカメラで撮影する顔画像と事前に登録した顔画像を照合し、本人確認をする。利用者はクレジットカードの提示や現金を使用することなく、安全性と利便性を兼ね備えた手ぶらでの決済が可能となるとのこと。

nec

 日本電気は実証実験を通じて、実店舗での認証性能や運用負荷を検証し、性能やノウハウを蓄積することで、利用者の利便性・安全性の向上を目指す。今後も顔認証決済サービスの普及拡大を推進していくとのこと。

 また、複数の決済サービス事業者との中継・連携を一括する決済ソリューション「マルチサービスゲートウェイ」のオプション機能として、顔認証決済サービスを2019年内に販売開始する予定。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking