2019年03月14日22時00分

GeForce GTX 1660登場、3万円台前半Turingのコスパを検証

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

ビデオメモリーをGDDR5にしてコストダウン

 GTX 1660のコアはGTX 1660 Tiと同じTU116がベースになっているが、SM(Streaming Multiprocessor:CUDAコア64基を内包するユニット)が2基無効化され、CUDAコア数はGTX 1660 Tiより128基少ない1408基となっている。ただし、TDPは120W、補助電源も8ピン×1で据え置きとなった。

 注目したいのはVRAMまわりの仕様変更だ。Turingと言えばGDDR6だが、コスト志向の強いGTX 1660ではデータレート8Gbps相当のGDDR5に変更された。バス幅192bit、容量6GBという点は変わらないがメモリー帯域はGTX 1660 Tiの288.1GB/secから192.1GB/secへ、おおよそ1/3程度の帯域減となっている。

 結果、チップひとつあたりの価格は12Gbps版GDDR6の2248円から1620円(どちらもテープ・リール版2000個あたりのDigiKey価格。原稿執筆時点のもの)になり、大幅に安くなっている。

ASCII
GTX 1660と近い価格帯のスペック比較。
ASCII
今回検証に使った「PH-GTX1660-O6G」の情報を「GPU-Z」で拾ってみた。
ASCII
GTX 1660のブロック図。薄くなっている部分がGTX 1660 Tiと1660の差分(位置は筆者の想像によるもの)だ。

 RTコアとTensorコアを持たないTU116コアだが、Turingベースである時点で次のようなアドバンテージを備えている。まずFP32/INT32演算を同時に実行でき、L1/共有メモリーまわりの設計が改善されているため、よりモダンなシェーダーを使用したゲームではPascal世代よりも性能が出やすいこと。

 そして、NVENCもRTX 20シリーズと共通のものを搭載しているため、H.265のエンコードではBフレームが使えるようになり、さらにOBS v23.0.xではゲーム画面の録画&配信画質の向上が期待できる。このあたりはTuringのメリットをそのまま継承したもの、と言える。

ASCII
今回検証に用いたカードはコスト重視の製品であるため、映像出力は非常にシンプル。VirtualLink(USB Type-C)はGTX 1660 Tiと同様、組み込もうと思えば組み込めるがそれを実際にやるメーカーはないと思われる。
ASCII
補助電源は8ピン×1が標準。6ピン×1を望む声も多そうだが、今の時代8ピン電源も直で出ないような電源ユニットはそろそろ引退させるべきではなかろうか。
ASCII
ASCII
カードの表面と裏面。シングルファン構成なので非常にシンプル。重量も軽いため補強用のバックプレートもない。
ASCII
NVIDIAの資料より抜粋。GTX 1660 TiでもOBSと組み合わせてCPU並みの高画質エンコードができるという資料だが、GTX 1660も設計は同じなのでゲーム配信に強い、というわけだ。
ASCII
TuringなのでGPU内にUSB 3.1のコントローラーを内蔵しているが、GTX 1660の価格帯ではこれを実装する製品はまず存在しないだろう。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking