2019年03月14日00時00分

180度3D撮影も可能な360度カメラ「Insta360 EVO」販売開始!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 SB C&S株式会社は、180度3D撮影も可能な360度カメラ「Insta360 EVO」の国内販売を開始することを発表した。本製品は、全国の家電量販店(一部店舗を除く)と各社オンラインショップ、Amazon、SoftBank SELECTION オンラインショップで、2019年4月12日から販売を予定、それに先立ち2019年3月14日より、各取扱店舗で予約の受け付けを開始する。価格は、5万6570円(SoftBank SELECTIONオンラインショップ)。

Insta
360度撮影モード
Insta
180度3D撮影モード

 Insta360 EVOは、折りたたみ式になっており、広げれば180度の3D撮影、折りたためば360度撮影と、一台二役の撮影が可能という。いずれの撮影モードでも5.7K(5760×2880ドット)の高画質動画撮影が可能。静止画は約1800万画素で撮影できるとのこと。また、どちらでも自然で明暗差のあるHDR動画・静止画撮影ができるようだ。

Insta
Insta
撮影イメージ

 動画・静止画撮影では、最新の手ブレ補正技術「FlowState」も採用。180度3D撮影モードでは、3D撮影に適した専用の手ブレ補正技術により、持ち歩きながらの撮影でも、滑らかな3D映像の記録が可能とのこと。本製品には、小型の「三脚」や「保護ポーチ」が付属する。

Insta
本体上部には3つのボタンと、おそらく折りたたみの開閉をロックできると思われるスライドがあるようだ

 スマートフォン用のアプリ上で撮影できる「TimeShiftモード」では、360度のタイムラプス・ハイパーラプス動画を撮影できる。さらに、アプリと連携することで、撮影したデータの再生、カット編集、各種色合い調整なども可能。作成したデータは、FacebookやYouTubeに手早く投稿できるとのこと。

 撮影したデータは、付属する3Dグラス(プラスチック製)とスマートフォンの組み合わせて視聴できるほか、「Oculus Go」やHTCの「Vive Focus」(3月末までにリリースする予定)、サムスンの「GearVR」といったVRヘッドセットでも再生ができるという。

 また、3D再生技術に強みを持つ韓国・MOPIC社とInsta360が共同開発した特殊なスマートフォンケース「Insta360 HoloFrame」(別売り、国内販売未定)を装着することで、スマートフォンアプリ「Insta360 EVO」のアイトラッキング機能により、VRヘッドセットなどがなくても3D映像が裸眼で楽しめるとのこと。

●関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking