2019年03月12日07時00分

地球観測インフラ展開で変化したアクセルスペースの知財意識

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

超小型人工衛星による地球観測インフラで産業が変わる

 アクセルスペースは、超小型の商用人工衛星を開発している宇宙ベンチャーだ。特定事業者向けの専用人工衛星ビジネスに加えて、新たにAxelGlobeプロジェクトの展開を進めている。専用人工衛星ビジネスは、2008年の創立以来、ウェザーニューズや東京大学、JAXAなどへ計4機の専用人工衛星を提供してきた。

 一方で、2015年にスタートしたAxelGlobeプロジェクトは、数十機の超小型人工衛星を打ち上げて、世界中を毎日観測できる新しいプラットフォームの構築を目指すものだ。2018年の12月27日にその一号機打ち上げに成功。現在は初期運用中で、2019年春頃からのサービスインを目指している。さらに2020年は追加で2機を打ち上げ、その後も2022年の完成を目標に機数を増やしていく計画だ。

as
株式会社アクセルスペース 代表取締役CEO 中村友哉氏

 「地球観測衛星はたくさんあるが、高頻度に世界中を見られるものはまだ普及していない。これまでの衛星画像は、安全保障や軍事分野での利用に偏っていた。人工衛星のコストが下がり、撮影頻度が上がれば、世の中で起きていることが時系列的に捉えられるようになる。民間での利用が進めば、ビッグデータのひとつとして、いろいろな産業で新しいビジネスが生まれるきっかけになるのでは」と中村氏は期待する。

 従来の衛星画像は、解像度や枚数で料金が決まっていたが、小型衛星を使って高頻度に撮影するようになれば、ビジネスモデルは変わってくる。衛星画像の提供1つでも、買い切り型ではないサブスクリプションでの提供も考えられる。あるいは、画像の解析から得られる何らかのデータを販売することになるかもしれない。すると、どのような解析をするかによって、課金の体系もまた変わってくる。

 世界中を毎日撮影すると、当然データ量は膨大になる。10年前に同じことをやろうとしてもデータを保存するストレージをオンプレミスで用意することは現実的ではなかったが、今ならクラウドがある。さらに、数年後にはGB単価のストレージ単価は今よりもずっと下がっていると予測される。価値ある情報の抽出に関しても、ディープラーニングなどのAI技術の発達により、解析自動化も現実的になりつつある。

 「あらゆる産業で起こっている技術革新、ビジネス革新と同様、テクノロジーの進化によって新しいビジネス形態を考えられるようになってきたのは大きな変化。宇宙も例外ではない。低コスト開発が可能な超小型衛星や最新のIT・AI技術の積極的な導入によって、リーズナブルなサービスとして提供できるようにしたい」と中村氏は語る。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking