2019年03月10日09時00分

Fitbit、低価格スマートウォッチ「Versaライトエディション」ほか発表

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
Fitbit
心拍センサーを搭載したエントリーモデル「Versa(ヴァーサ)ライトエディション」2万5290円、3月8日予約受付開始、3月15日発売予定。全5色のうち、左からマルベリー、マリーナブルー

 フィットビットは3月8日、健康づくりや体力づくりを手軽に手頃に支援したいと、従来製品よりも価格を抑えた4つの新製品を発表した。

Fitbit
フィットビットのアジア太平洋地域マーケティング・バイス・プレジデントのジェイミー・ハードレー氏

 睡眠データや日常の運動量を多角的に可視化することで、生活習慣をポジティブに改善できることを、これまでスマートウォッチやアクティビティートラッカーを利用してこなかった層にアピールしたいという。

Fitbit

 独自OSのスマートウォッチVersaシリーズからは、心拍センサーを搭載したエントリーモデル「Versa(ヴァーサ)ライトエディション」が、全5色、価格は各2万5290円。

Fitbit
Versaライトエディションのライラック
Fitbit
Versaライトエディションのホワイト
Fitbit
Versaライトエディションのチャコール
Fitbit
Versaライトエディションは背面に心拍センサーを搭載

 アクティビティートラッカーは、心拍センサーを搭載した「Inspire(インスパイヤー) HR」が2色、各2万1470円、心拍センサー非搭載「Inspire(インスパイヤー)」が3色、各1万1790円、6歳以上の子どもに向けたアクティビティートラッカーAceの後継製品で水泳時に利用できる「Ace 2(エース 2)」が2色、各1万1790円。

Fitbit
Fitbit
左からInspireのブラック、ライラック、ホワイト/ブラック、Inspire HRのサングリア、ブラック。すべて3月発売予定
Fitbit
Inspire HRはケース背面に心拍センサーを搭載
Fitbit
Inspireは心拍センサー非搭載

全部入りではないが、日常使いに過不足なし

 Versaライトエディションは「Versa」と比べ、上がった階数の記録、音楽データの保存、スマートウォッチのディスプレー上でのワークアウトなどが利用できず、NFC決済(Fitbit Pay)が非搭載。

 Inspire HR、Inspireはアクティビティートラッカーの最上位機種「charge 3」に比べ、バッテリー駆動時間が2日間短く、上がった階数の記録がなど利用できず、NFC決済(Fitbit Pay)が非搭載。

 ただしNFC決済(Fitbit Pay)については、欧米やシンガポール、タイ、台湾など、NFC決済サービスの提供が始まている複数の国では、NFCを搭載したVersaやCharge 3で利用できるが、日本ではNFC決済サービスの提供時期が未定のため、非搭載でも現時点では不満はないと言うよう。

Fitbit

 フィットビットのアジア太平洋地域マーケティング・バイス・プレジデントのジェイミー・ハードレー氏によると、アクティブユーザー数は2014年の670万から2018年は2760万に増加したという。またこの数字はフィットビットいわく「世界最大規模のヘルス&フィットネスソーシャルネットワークとデーターベース」を持つことを意味する。

 さらに将来、「フィットビットプレミアムサービス」をクラウド経由で有料提供する予定があることを示唆した。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking