2019年03月09日16時00分

『運び屋』クリント・イーストウッド最新作 4つのポイント解説!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
1

 全日本おじいちゃん大好き協会の皆さん、ついにこの日がやって来た!

 クリント・イーストウッド監督・主演の最新作『運び屋』が3月8日に全国公開された。イーストウッドは『人生の特等席』から7年ぶり、自身の監督作では『グラン・トリノ』から10年ぶりのスクリーン復帰だ。

 今作は2018年12月14日に先行公開した全米では、興収1億ドル突破の大ヒットを記録。イーストウッド監督史上では『許されざる者』『ミリオンダラー・ベイビー』『グラン・トリノ』『アメリカン・スナイパー』『ハドソン川の奇跡』に続く6本目の快挙を達成した!

 今作で彼が演じるのは、金もなく孤独な90歳のアール・ストーン。商売に失敗して自宅も差し押さえられかけたとき、彼は車の運転さえすればいいという仕事を持ちかけられる。それなら簡単と引き受けたが、実はメキシコの麻薬カルテルの「運び屋」だった。

 仕事で大金を得たアールはおんぼろ車をぴかぴかの新車に買い換え、肌はしわくちゃで腰も少し曲がっているのに2人の女性と同時にセックスしてしまう。すべてが上手くいくように見えた。しかし、彼にはやるべきことがあった。麻薬取締局のコリン・ベイツ捜査官に追われるなか、彼が気づいたこととは?

 今回は『運び屋』がイーストウッドの集大成と言える4つのポイントを解説。なぜ主人公は「ひどい父親だった」と嘆くのか? 88歳なのにベッド・シーンを演じるワケは? ふたりの親友に捧げた映画? など。

1

(次ページでは「主人公が「ひどい父親だった」と嘆くワケ」)

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking