2019年03月07日17時15分

2019年版「辛辛魚」辛旨カップ麺として完成度が高い!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

総評:辛さが増してスープの味に奥行きが出た
辛旨カップ麺のスタンダードともいえる仕上がり

 2018年の辛辛魚は、魚粉の香りを強くしたテイストに仕上がっていた(参考記事:激辛ストロング 新「辛辛魚」は力強さが違う)。2019年は唐辛子の刺激を増して辛さをアップさせつつ、鰹荒節と豚骨の旨味を維持した“辛旨”テイストで、スープの味わいにより奥行きが出ていると評価できる。

 今回はアスキー編集部きっての辛党、西牧さんにも食べてもらった。

ku
アスキー編集部では進行管理などを担当している西牧さん。編集部きっての辛党
ku
「むっ! 確かに辛旨ですね」

西牧さん「もちろん激辛なのですが、ほかのカップ麺と比較してぶっち切りで辛いわけではありません。魚粉のパンチや豚骨のコクなどによって、まとまりのある辛旨になっているのがポイントで、『辛くて、おいしい』と評価できる味です。ただ、味がかなり濃いので、あっさりした辛さを求める人には向かないかも」

 世に「辛旨」をうたう商品は珍しくない。しかし、しっかり辛い、きっちり旨い、というものは案外と少ないのだ。その2つの要素を両立させ、なおかつ刺激の面で進化を感じられる「辛辛魚」2019年版は、辛旨カップ麺のスタンダードともいえる仕上がり。シリーズのファンはもちろん、辛党にも自信を持ってオススメできる完成度といえる。


モーダル小嶋

a

1986年生まれ。担当分野は「なるべく広く」のオールドルーキー。編集部では若手ともベテランともいえない微妙な位置。

人気の記事:
「松屋『ごろごろ煮込みチキンカレー』との長いお別れ」「名門ECMついにストリーミングに! 必聴アルバム25選」「デザインも機能もさりげない ハイブリッドスマートウォッチに惚れた」



■「アスキーグルメ」やってます

 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking