2019年03月07日17時15分

2019年版「辛辛魚」辛旨カップ麺として完成度が高い!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

辛さが際立ちつつも
魚粉と豚骨の旨味はしっかり残る

ku
危険な見た目ながら、太麺にスープが絡むなど、よく考えられている

 さっそく食べてみる。うーん。辛い。激辛だ。ただ、この感想以上の味を表現しているのが辛辛魚の魅力である。

ku
辛い食べ物自体は好きだが、激辛に耐性があるわけではない筆者
ku
一気にすする(極度に猫背なのは、激辛すぎてむせることを警戒しているため)
ku
やっぱり辛い! でも、辛いだけじゃない

 まず、スープ。辛味のある唐辛子粉末を使用したとのことで、ごくりと飲むと舌や唇にビリッとくる刺激。いまさらだが、「辛辛魚」という名前には“辛”という字が2つもあるもんな、などとあらためて思ったりもする。間違いなく激辛。飲めば飲むほど「辛い!」と感じてくる。

 しかし、辛さのインパクトだけではなく、魚粉で舌の上に「ガツン!」とくる味をもたせているのが特徴。麻辣系の舌に残る辛さではなく、舌の上でビリッときたらすぐに引く刺激だからこそ、魚粉の強い風味、後味に残る豚骨のコクも主張する。なるほど、これが「奥行きのある辛味」なのだろう。

ku
ビリっとした辛さと豚骨のコク、両方の個性が際立つスープは辛辛魚ならでは

 スープに絡む麺が「ノンフライの太麺」なのも長所だ。とろみのあるスープにほどよく絡みつつ、歯ごたえのある固さが、激辛な味わいに負けない。さすがに全粒粉の風味が際立つことはないが(スープの味が強いため、どうしても消されてしまう)、この麺の強さは評価されるべきではないか。

 なので、麺をすすっているときは、意外と「激辛というほどでは……」と思うかもしれない。むしろスープを単体で飲んだときに「うおっ、辛い!」と感じるはず。スープと合わせて食べることで、ほどよく辛味を感じられるバランスの麺に仕上げているわけだ。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking