2019年03月07日08時00分

アップルMacBook ProのFlexgate問題こっそり修正か

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
a

photo:iFixit

 アップルは2016年以降のMacBook Proで発生しているFlexgateの問題を、ユーザーに告知しないまま修正した。アメリカの修理業者iFixitが公式ブログで3月4日に報告した。

 Flexgateは、MacBook Proを保証期間の1年が過ぎるくらいの期間にわたってユーザーが閉じたり開いたりすることで、ディスプレー下部のヒンジ部分からバックライトの明かりが舞台照明のように漏れ出るというものだ。

 この問題を引き起こしている部品がフレックスケーブルであるため、“Flexgate”と呼ばれている。

ケーブル長の修正が確認される

 Flexgateについてアップルは設計ミスであることを認めていないものの、iFixitの調査によりMacBook Pro 2018年モデルからこれまでのフレックスケーブルより約2mm長いものが採用されていることが確認された。

a
左が2018年モデル

 これによりMacBook Proを90度以上開いた際に、フレックスケーブルが基板と接触しないスペースを確保できているという(スペースがあるため摩耗しなくなる)。

a
a

 Flexgateが起きた際、ディスプレー全体の交換となるためユーザーは部品代だけで700ドル支払う必要がある。「アップルがFlexgateを認識しながらもこの問題を認めず、無償修理を提供しないのは最悪の事態だ」とiFixitは語っている。


筆者紹介:篠原修司

shinohara

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking