2019年03月06日10時00分

ヨーロッパで頑張るOPPO! スペインの家電量販店で見せる存在感

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 世界のスマートフォンのシェア上位を中国メーカーが占める時代になりました。その勢いはこれからも弱まるところを知らないかもしれません。ファーウェイはすでにアメリカを除くほぼすべての国で端末を販売していますし、シャオミもインドでシェア1位になるなど「脱・中国依存」の動きを加速化させています。

435
スペインでもOPPOのスマホが売っている

 1年前に日本に参入したOPPOも、2018年秋からヨーロッパ市場に参入を開始しています。OPPOの昨年までの市場は中国、アジア、インドが主でしたが、日本を皮切りに先進国市場への進出を図っているのです。

435
ネイマールの知名度でOPPOの名をアピールしたいところ

 世界最大のモバイル関連イベント「MWC19 Barcelona」で、OPPOは新しいカメラ技術や5Gスマートフォンのプロトタイプを発表しましたが、既存製品を並べた展示はしていませんでした。しかし、MWC19が開催されたスペインでは家電量販店を中心に主力モデルを販売しています。

435
スペインにもあるFnac。スマホを買うなら立ち寄りたい

 スペインの家電量販店といえばフランス系の「Fnac」、ドイツ系の「Mediamarkt」がメジャーどころ。どちらもスマートフォンの販売コーナーにはSIMフリー製品をならべて販売しています。一番目立つ位置にあるのはアップルとサムスン、そしてファーウェイもこの2社と変わらぬほどメジャーな存在です。またノキアや地元の「BQ」の端末も豊富にそろっています。そしてその一角にOPPOも展示されているのです。

435
量販店の中にはOPPOコーナーもある

 スペインで販売されているのは「FIND X」「RX17 Neo」「R15 Pro」「AX7」の4機種。FIND Xは849ユーロとさすがに10万円を超えますが、AX7は269ユーロ(約3万4000円)とお手頃価格。Wikoなど低価格機を得意とするメーカーの同価格帯の製品と比べても、質感やカメラ画質は勝っていると感じます。

435
コスパに優れたカメラフォンからギミックで驚くFIND Xまで揃える

 FIND Xを手に取り、カメラの動作を試す来客もいるなど、OPPOも少しずつ知られているようです。あとはカメラ画質の良さを店舗でもアピールできれば、より注目してもらえるでしょう。量販店のエスカレーターにもOPPOの広告を見かけましたが、まずはブランドを知ってもらい、そして製品の特徴をアピールしていけば少しずつファンも増えるかもしれません。先進国ならば今後登場予定という折りたたみ型スマートフォンなどの展開も期待できそうです。

山根康宏さんのオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking