2019年03月01日19時45分

アップル、Apple Watchに睡眠トラッカー導入か

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
a

 アップルは2020年までにApple Watchに睡眠トラッカー機能を導入することを計画している。米メディアBloombergが2月26日法事が。

 同紙は情報筋から話として、すでに数ヶ月間におよぶテストがカリフォルニア州クパチーノにあるアップル本社周辺で実施されているという。

 ウェアラブルデバイスにおける睡眠トラッカー機能は生活の質を高めることで人気だ。自分の睡眠データを知ることによって、睡眠の質を高められるからだ。アップルが注力しているヘルスケア事業にとって、重要な要素と言えるだろう。

いつ充電するのか問題

 一方で、この睡眠トラッカー機能の導入には「いつ充電を行うのか?」との問題がつきまとう。

 一般的にApple Watchを外す時は睡眠中であり、その時間帯に充電を行うことが望ましい。

 しかし睡眠トラッカー機能を利用するのであれば、寝ている時間もつけっぱなしになる。その場合、充電するタイミングが失われてしまう。

 移動中やデスクワーク中にモバイルバッテリーを接続するのか? それとも2台目のアップルウォッチを用意するのか? Bloombergはこの点について、バッテリー持続時間のアップや、低電力モードの実装などを提案している。


筆者紹介:篠原修司

shinohara

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking