2019年02月26日14時22分

チャットが33% ビジネス連絡は依然メールと電話が主流か

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 サイバーソリューションズは2月26日、従業員数200人以上の企業に勤務する経営者、役員、係長・リーダークラス以上の役職者500人を対象に実施した「メールとビジネスチャットツールの利用実態調査」の結果を発表した。調査時期は2018年12月で、調査方法はインターネット。

連絡手段はチャットが33%

 ビジネスシーンの連絡手段を聞くと、メールは96%、電話は95%、チャットは33%。日本のビジネスシーンでは、依然としてメールと電話が主体であり、チャットはまだまだ導入が進んでいないとわかった。

1

メールは社内連絡が66%

 メールで社内外に連絡する使用頻度を聞くと、平均値は社内が66%、社外は34%。会社内部との連絡のほうがコミュニケーションをとる頻度が高いとわかった。

1

メールを使うのは「使い慣れているから」 が50%

 社内の連絡手段としてメールを使う理由を聞くと、「使い慣れているから」 は50%、「全社員のアドレスが社内に共有されている」 は47%、「過去のやりとりの履歴が残り、検索しやすい」は45%、「同時に多数に送信できる」 は43%、「相手の時間を拘束しない」 は36%。

1

メールの不満「既読がわからない」 が35%

 一方で、メールへの不満を聞くと、「自分が送信したメールに対して、相手の既読がわからない」 は35%、「メールの作成に時間がかかる(メールの件名、本文、挨拶定型文が煩わしい)」は32%。

1

チャットは「必要性を感じない」 が35%

 チャット未導入者にチャットを利用しない/利用できないと理由を聞くと、「業務に必要性を感じていない(メールや電話で十分に間に合ってしまう)」 は35%、「セキュリティが心配(機密情報の取扱)」は21%。

1

チャットは「スピーディーな会話」 魅力が64%

 ビジネスシーンのチャットの利用目的を聞くと、「スピーディーなコミュニケーション」は64%、「会議時間の短縮が期待できる」は36%、「複数人での情報共有が容易になる」は35%。

1

会社非公式のチャット、半数以上の会社で蔓延か

 会社非公式の無償チャットツールの利用状況を聞くと、「会社内部の方との連絡に日常的に利用している」 は26%、「会社内部の方との連絡に利用することもある」は20%、「緊急のため会社内部の方との連絡にやむを得ず利用したことがある」 は7%、「わからない/利用しない」 は47%。会社非公式の無償のチャットサービスを利用した「シャドーIT」が半数以上の企業で蔓延しており、4分の1で常態化しているとわかった。

1

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking