2019年02月21日18時00分

楽天 無人配送の実現に向け、中国の京東集団と連携

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 楽天と京東集団は2月21日、楽天が日本国内で構築する無人配送ソリューションに、京東のドローンと地上配送ロボット(Unmanned Ground Vehicle)を導入することで合意したと発表。楽天のドローン配送の運用ノウハウと、専用ショッピングアプリなどのITソリューションおよび、京東ドローンとUGVを組み合わせることで、使用用途や場面に応じた楽天の無人配送サービス提供を目指すという。

 楽天は2016年、ドローン配送ソリューションを提供するサービス「楽天ドローン」を開始。企業や自治体と連携し、実証実験や試験的なサービス提供を通じて実績を重ねてきた。2018年にはドローンとUGVを組み合わせた配送実験を実施。日本の物流分野でラストワンマイルの課題解決に向けて活動する。

 楽天の常務執行役員である安藤公二氏は「中国国内で最先端の自社配送網を保有し、ドローンとUGVを用いた配送においても実績やノウハウのある京東と連携できることを大変嬉しく思います。京東のドローンとUGVを弊社が構築する無人配送ソリューションに導入することで今後、日本の物流分野におけるイノベーションを加速させ、多くの方に利便性を感じていただけるような社会の構築に貢献していきたいと考えています」と述べている。

 導入を予定している機体は以下のとおり。

2
ドローン

 ドローンはサイズが幅160×高さ60cm。最大積載量は5kg。最長飛行距離は16km。最大飛行時間は40分。

3
UGV

 UGVはサイズが縦171.5×幅75×高さ160cm(高さは上部センサー含む)。最大積載量は50kg。最大走行時速は15km/時(速度制限は可能)

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking