2019年02月14日19時35分

EIZOから写真やイラスト制作向けの24.1型モニター

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 EIZOは2月14日、クリエイティブワーク市場向けカラーマネージメントモニター「ColorEdge(カラーエッジ)」のベーシックモデル「CS2410」を発表した。価格は5万3784円で、3月19日から発売。

eizo
ColorEdge CS2410

 ColorEdge CS2410は、デジタル写真やイラスト制作を楽しむユーザーをターゲットとしたsRGB色域相当の24.1型ベーシックモデル。従来機種のCS230に比べて画面サイズを23型から24.1型へと大型化し、解像度も1920×1200ドットへと拡大した。視界を妨げないスリムな筐体デザインを採用し、モニター側面にUSB 3.1を3ポート搭載することで、使い勝手を向上させたという。

 滑らかな階調表現やムラを抑えた均一表示など、ColorEdgeならではの表示性能を踏襲し、専用ソフトウェアによるハードウェア・キャリブレーションにも対応しているとのこと。

 パネルは見る角度による色変化の少ないIPSパネル(アンチグレア)を採用し、輝度は300cd/m2、コントラスト比は1000:1。応答速度は14msで、USB以外のインターフェースにDisplayPort(HDCP 1.3)、HDMI(Deep Color、HDCP 1.4)、DVI-D(HDCP 1.4)などを備えている。

eizo
モニター側面にUSB 3.1を3ポート搭載

 2月28日から3月3日までパシフィコ横浜で開催される「CP+2019」にて、CS2410を初めて展示する。イベントの概要は以下のとおり。

CP+2019
日時  :2019年2月28~3月3日
会場  :パシフィコ横浜
ブース :No.G-18
入場料 :1500円
     ※公式サイトから事前登録すれば、入場料無料。
出展製品:ColorEdge CS2410、CS2420、CS2730、CG279Xなど

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking