2019年02月14日15時00分

教育現場でのプロジェクター利用を可視化する利活用分析ツール、エプソンより

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
エプソンプロジェクター利活用分析ツール
導入前後の工数削減イメージ

 エプソン販売は2月14日、教育現場でのプロジェクターの利活用状況をネットワーク経由で確認できるソフトウェア「プロジェクター利活用分析ツール」を発表。2月28日に発売する。

 教育現場ではICT機器環境整備においてプロジェクターなどの大型提示装置の導入が進んでいるが、学校や教科などで利活用状況が異なることもある。プロジェクター利活用分析ツールは、学校においてプロジェクターの利活用状況や効果を定量的に把握するために用いられるソフトウェア。

エプソンプロジェクター利活用分析ツール
学年ごとの月別利活用実態(イメージ)

 学校などに常設されたプロジェクターの利活用状況をオンラインで確認できるほか、学校ごと/学年ごとといったさまざまな角度から分析も可能。分析結果はCSVファイルとしてダウンロードでき、活用効果測定や報告レポートの作成などを効率的に行なえる。

エプソンプロジェクター利活用分析ツール
学校ごとの入力ソース別利活用実態(イメージ)

 ソフトウェアはプロジェクターの通電状況や入力ソース別使用時間、ミュート状態などをモニタリングする「プロジェクターログ収集アプリ」と、利活用状況を学校・学年・教科などの単位で分析する「プロジェクターログ分析ツール」によって構成される。価格はオープンプライス。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking