2019年01月29日18時00分

ヤフオクドームにPayPayを導入 キャッシュレス化を推進へ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 福岡ソフトバンクホークスとPayPayは1月29日、「福岡 ヤフオク!ドーム(以下、ヤフオクドーム)」のキャッシュレス化を推進すると発表。また、2019年度チームスポンサー契約を締結し、ホークスの選手はPayPayのロゴ付きキャップを着用するという。

PayPay0129

 ヤフオクドームではオープン戦が始まる3月2日から、ドーム内ショップや売り子販売、ワゴン販売などにPayPayを導入する。キャッシュレスで野球観戦を楽しめる環境を構築するという。さらに、ホークス春季キャンプが開催される宮崎市・生目の社運動公園では、2月1日から「ホークスビレッジ」のグッズ販売コーナーや飲食、物販ブースでもPayPayが利用できるとのこと。

 今後、PayPayはヤフオクドーム限定のキャンペーンを実施するとしている。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking