2019年01月18日16時45分

マレーシアに新たなVR体験施設がオープン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
VAR Live Malaysia

 台湾や上海などに拠点を構えるVRコンテンツ制作企業VAR Liveは2018年12月、マレーシアにVR体験施設「VAR Live Malaysia」をオープンした。VAR Live Malaysiaは2018年末の時点で同国内で最大のVR体験施設となっている。

 VAR Live Malaysiaは全14部屋のVR体験ルームで構成されており、うち数室は揺れる床などが設置されている。VR体験ルームではPC向けハイエンドVRヘッドセットのHTC VIVEとWindows Mixed Realityを使い、13種類のVRゲームが体験できるとのこと。オープン当初は13種類のVRゲームのうちで限られた作品のみが体験可能としているが、13種類のVRゲームをすべてリリースした後も、毎年3~4作品の新作VRゲームを導入すると発表している。

 将来的に、VRゲームのeスポーツ大会の会場として施設を提供する案を検討しているという。また、現地企業や警察を対象とした、VRを活用した職業訓練場としての活用案も検討しているとのこと。Liveの最高経営責任者(CEO)Steve Ngu氏は、警察組織がVRを使用した訓練を行なうメリットについて「VR環境では警察が必要とする訓練内容をすべて再現できます。(警官が)5人(の相手役)に同時に襲われる状況なども再現可能」とコメント。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking