2019年01月10日12時00分

クアルコムは5Gと自動車に力を入れる

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

5Gのチップセットや
第3世代の車載用プラットフォームを発表したクアルコム

 クアルコムはCES 2019にてプレスカンファレンスを開催。5G、Wi-Fi 6、オートモーティブの分野を中心に、同社の最新の取り組みを発表した。プレスカンファレンスの内容とCES 2019会場内のクアルコムブースの出展内容を紹介していこう。

クアルコム
5Gの宣言で始まったクアルコムのプレスカンファレンス

Snapdragon 855+X50による
5G対応モデルは30機種以上に到達

 プレスカンファレンスの冒頭として語られたのが、商用化を間近に控えた5Gサービスに対応するクアルコムの最新チップの採用状況だ。Snapdragon 855と5G対応モデムのSnapdragon X50を組み合わせたものを採用した端末が、2019年に30種類以上が発売予定と発表。そのほとんどがクアルコムのRFフロントエンド(RF Front End、RFFE)ソリューションを搭載し、6GHz帯以下のSub-6と、28GHz帯などのミリ波に両対応として登場する。

クアルコム
CES 2019のブース内にも基地局を設置して5Gをデモ
クアルコム
5G回線を利用して映像をストリーミング配信
クアルコム
左からOPPO、vivo、Xiaomiの5G対応端末を初披露

 クアルコムの取り組んでいるWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)についてはRuckus、Huawei、H3C、NEC、EnGenius、Charter Communications、Calix、KTに加えて、NETGEAR社がWi-Fi 6ネットワーキングプラットフォームを採用したとのこと。

クアルコム
Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)も採用拡大を発表

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking