2019年01月09日21時00分

「花魁の休日」とは、こういうものだ! 脊山麻理子が新年から魅惑のごあいさつ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
「花魁の休日」とは、こういうものだ! 脊山麻理子が新年から魅惑のごあいさつ
「花魁の休日」とは、こういうものだ! 脊山麻理子が新年から魅惑のごあいさつ
「花魁の休日」とは、こういうものだ! 脊山麻理子が新年から魅惑のごあいさつ

 グラビアができる知的美女と言えばこの人! 大人気のフリーアナウンサー・脊山麻理子さんが、6th Blue-ray&DVD「ときめきデート」(発売元:ラインコミュニケーションズ、収録時間:BD 95分、DVD 84分、価格:BD 5184円、DVD 4104円)の発売記念イベントを1月5日、ソフマップAKIBA 4号店 アミューズメント館で開催した。

 昨年11月には、「S」と「M」という2冊の写真集も発売。30代のグラドルは数多く紹介しているが、脊山さんほど派手にぶちかませる人は日本にいないと思う。9月にバリ島で撮られた今作について聞いてみよう。

――作品タイトルからある程度は想像できますが、どんな内容ですか?

【脊山麻理子】 私とデートしているような、普通じゃありえない妄想展開が繰り広げられています。少年漫画みたいな感じですね。プールの先生やウエイトレス、バーテンダー、ミリタリー服とか、いろいろな衣装を着ました。

――お勧めシーンは?

【脊山麻理子】 犯人を捕まえるというミッション的なシーンです。オーダーメイドの全身ラバースーツなのですが、着ていないよりもエロいんじゃないかと。ぜひ楽しんでいただきたいです。

――飾らない、素が楽しめるところなどは?

【脊山麻理子】 泡を使っての洗車シーンです。楽しく素の感じでやっているのですが、ドキドキすると思います。

――今日の衣装はすごいですね。

【脊山麻理子】 着物で花魁の休日をイメージして、ちょっとラフなスタイルにしました。普段使いの着物をアレンジ。そのほうがエロいかなと(笑)。

 今年で39歳になるのだが、グラビアはまだ頑張っていく意向。「いまの自分を楽しんで生きていきたい」と言っていて、グラビアもその1つということだろう。常識を打ち破る存在として、2019年も輝きそうである。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking