2018年12月28日10時00分

ノキア 8110 4Gの次は何だ!? 2019年リバイバルケータイを予想する

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

スマホラッシュだった2018年
その裏ではケータイ人気が復活していた

426
ノキアのフィーチャーフォンから目が離せない

 スマートフォンの新製品ラッシュは2018年後半も止まりませんでした。2019年はフォルダブル(折りたたみ)ディスプレー搭載モデルなど楽しみな製品がたくさん出そうです。その一方では高性能化するスマートフォンへのアンチテーゼか、フィーチャーフォン人気も復活しています。中でもHMD Globalが展開するノキアのリバイバルモデルに注目が集まっています。

426
Nokia 8110(左)を2018年に復活させた、Nokia 8110 4G(右)

 ノキアブランドのスマートフォンは2017年に電撃的な復活を遂げましたが、HMD Globalはスマートフォンだけではなく「Nokia 3310」を約20年ぶりに復活させ話題となりました。当初は2G版だけが登場したNokia 3310は、その後3G版が登場し、中国ではKaiOSを積んだ4G版も出ています。また、今では下火となった山寨機(さんさいき)と呼ばれる無名メーカーによる「勝手に作ったケータイ」として、Nokia 3310のコピー品も中国や新興国で数多く出回っています。

426
ノキアのリバイバルフォン第一弾、Nokia 3310

 Nokia 3310人気を反映して、2018年2月に発表されたNokia 8110 4Gは名前の通り4Gに対応、KaiOS搭載でSNSアプリの利用も可能ないわゆる「ガラホ」になりました。また、KaiOSにグーグルが出資したことでグーグル検索やグーグルマップも利用可能になるなど、簡易的なスマートフォンとしても使うことができます。

426
KaiOSでグーグルマップやYouTubeも利用できる

 このノキアのリバイバルモデルはノキアを使っていたユーザーだけではなく、父親や年上の兄弟が使っていたのを見ていたという、今の20歳以下の若い世代にも懐かしいものになっています。日本ではノキアの携帯電話があまりなかったことから国民的な人気にはなりませんが、ヨーロッパあたりでは熱狂的なファンが再び増えているとか。

426
非オフィシャルなNokia 3310のiPhoneケースも出てきた

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking