2018年12月27日17時00分

ビジネスチャットの絵文字使用、半数以上が肯定

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ヌーラボは12月26日、プロジェクト管理ツール「Backlog」ユーザーを対象とした「ビジネスコミュニケーションにおける絵文字の使用に関する意識調査」の結果を報告した。

チームリーダー1227

 ビジネスコミュニケーションにおける絵文字の使用に関する意識調査は、メールとビジネスチャットで絵文字を使用することに関する考えや、絵文字の使用を許容できるかどうかを明らかにしたもの。

チームリーダー1227
チームリーダー1227

 まず、連絡手段に用いるツールによって絵文字使用の印象が変わることがわかった。メールにおける絵文字使用については、29.6%が「絵文字を使用すべきでない」と答えている。一方、ビジネスチャットの場合は57.7%が「絵文字を使用すべき」と答えており、絵文字はメールよりもチャットで受け入れられていることがわかる。

チームリーダー1227
ビジネスコミュニケーションで絵文字を使用すべきと答えた割合は、30代がもっとも多い
チームリーダー1227
絵文字を使用すべきでないと答えた割合は、60代がもっとも高い
チームリーダー1227
絵文字を使用することに興味のないと答えた割合は、24歳までの世代が高い

 続いて、絵文字使用について年代別に調査した結果、30代は絵文字使用に積極的で、50代以上は否定的であることが判明した。さらに絵文字に無関心な割合については24歳までがもっと高く、「文章と絵文字の組み合わせに古さを感じる」との意見が複数あったという。

 ビジネスコミュニケーションにおける絵文字使用については、受け取り手の解釈に差があることを理解し、TPOで絵文字を使い分けたり、お互いの価値観を許容し合ったりすることが重要であるとしている。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking