2018年12月24日14時00分

「テクテクテクテク」は、やりこみ要素ありで長く遊べる位置ゲーRPG

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

塗りつぶす範囲を広げるもよし
より強いモンスターに挑むもよし、目標は自分で決められる

 ここまで紹介してきたのは、あくまで基本的な要素。「テクテクテクテク」は地図を塗りつぶすことを目標にしてもいいし、RPGとしてモンスターとの戦いを楽しんでもいい。また、「不思議なダンジョン」シリーズのように、より強力な武器や防具を手に入れることを目標にするのもいいだろう。

 地図を塗りつぶすことを目標とするなら、たとえばこの地域を100%塗るとか、東京から日本海まで塗りつぶして街区をつなげるなど、人それぞれの楽しみ方が見つけられる。「テクテクテクテク」では移動速度による制限はないので、電車の中で塗りつぶしていくと、あっという間に広い範囲を塗ることができる。

11
電車などで移動中に周囲をがんがん塗りつぶせる。新幹線に乗車して試してみたが、沿線を塗りつぶしていくことができた

 また、ランクが上がると「となりぬり」と「予約ぬり」が使えるようになる。

 この「となりぬり」とは、実際にその場所に行かなくても、これまで塗りつぶした街区に接している街区を塗りつぶせる機能だ。要するに、位置ゲーでありながら、家にいるままで塗りつぶした範囲を広げていくことができる。もちろん歩いた時間や塗りつぶした面積によって得られるTTP(テクテクポイント)が必要なので、無制限に「となりぬり」ができるわけではない。

11
その場所に行かなくても、すでに塗りつぶした街区に接した街区であればどこからでも塗りつぶせる「となりぬり」

 「予約ぬり」は移動している間に接した街区を、後でまとめて塗りつぶすことができる機能。車や自転車での移動の最中にスマホを操作しなくても、24時間以内であれば後から塗りつぶすことができるので、ゲームに夢中になりすぎて、周囲への配慮が欠けたり、せっかくの旅行中にスマホばかり操作していたということが防げるわけだ。

11
11
そのエリアをどのくらい塗りつぶしたかはパーセンテージで表示できる。丸の内は26%塗ったが、千代田区全体で見るとまだ1%。まだまだ先は長い

 モンスターとの戦いでは、ランクが5上がるごとに封印されていたボスが登場する。このボスを倒さないとランクの上昇が止まってしまうので、早めに倒したいところだがこれが割と手強い。

 また、コラボによるデカボスも登場する。こちらは封印されていたボスよりも強いのでうかつに手を出せない。レベルが低いと瞬殺である。

11
東京に封印されていたボス・東京ドーラ
11
コラボのデカボスであるゴジラ
11
エヴァンゲリオンの使徒も
11
ラスボス小林幸子降臨!
11
「ポプテピピック」からポプ子とピピ美も参戦……だが、この2人は戦えないようだ

 「テクテクテクテク」ではAR機能を使って、風景とモンスターを融合した写真を撮影できる。これはコラボのデカボスも同様。こうした写真を撮影しているだけでも楽しい。

11
街中に現れた使徒
11
ラスボスは後光が差している背景が似合う
11
東京駅といえばゴジラ。また駅舎が破壊されてしまうのか?

 目標を自分で定める必要がある点に加え、アイテムやモンスターの数がかなり多く(アイテムはドリップで進化させるとさらに増える)、始めた当初は少々戸惑う感じもあるのだが、遊べば遊ぶほどその奥の深さが楽しみになる。自分なりの楽しみ方でのんびり遊ぶのにいいゲームと言える。なお、バッテリー消費はかなり激しいので、プレイにはモバイルバッテリーを用意したほうがいいだろう。



■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking