2018年12月18日11時00分

Core i9-9900K&RTX 20シリーズでVIVE Proの動作状況を徹底検証

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

「The Elder Scrolls V: Skyrim VR」編
SS値200だとRTX 2080以上で90fpsを維持!

 前置きが長くなったが、まずは「The Elder Scrolls V: Skyrim VR」から始めよう。普通にゲームを始めて最初に到達するリバーウッド村で計測した。

VIVEPro
「The Elder Scrolls V: Skyrim VR」の検証は、この場所で行った

SS値=100の場合

VIVEPro
RTX 2080 Tiのフレームタイミング。ワーストケースで6ms程度なのでだいぶ余裕がある
VIVEPro
RTX 2080のフレームタイミング。ワーストケースで7ms
VIVEPro
RTX 2070のフレームタイミング。一瞬スパイクが出ているが、概ね8ms程度で終わっている
VIVEPro
GTX 1070のフレームタイミング。10msを少し上回る時もあるようだ

 全体的にどのGPUでもSS値100なら問題なく90fpsを維持できる。戦闘などではこの限りではない可能性はあるが、その場合はより高性能なGPUの方が余裕がある。

 フレームタイムで見ると、GTX 1070は合格点だが余裕がなさすぎる。RTX 2070以上であれば少々の負荷変動にも耐えられるだろう。

SS値=200の場合

VIVEPro
RTX 2080 Tiのフレームタイミング。8msをやや超える程度
VIVEPro
RTX 2080のフレームタイミング。9.5msあたりまで増えている
VIVEPro
RTX 2070のフレームタイミング。一瞬スパイクが出て、その後ごく短時間Re-Projectionが派生しているが、おおむね10ms強で踏みとどまっている
VIVEPro
GTX 1070のフレームタイミング。12.5ms近辺まで上がってしまい、Re-Projection発生を示す赤いラインも出たままだ

 SS値=200に引き上げると、描画負荷が上がるためフレームタイムも長くなる。RTX 2070ならギリギリ許容範囲で踏みとどまっているが、余裕はほとんどない。SS値=200であればRTX 2080以上で90fpsを維持できるだろう。

 一方、GTX 1070はVIVE Proの解像度にはやや非力(デフォルトのアプリケーション解像度も76%と低い)であるため、SS値=200の負荷ではかなり辛い。

 それでも13ms以内には収まっているので、計算上は76fpsは出せるはずだが、見た目上は45fpsあたりに落ち着く。プレイは不可能ではないし遊べるが、振り向いた時などに違和感を感じてしまう。

SS値=400の場合

VIVEPro
RTX 2080 Tiのフレームタイミング。所々スパイクのように11msに到達してしまう部分があるが、概ね9ms~10msの範囲に収まっている
VIVEPro
RTX 2080のフレームタイミング。11msを中心に分布、時々13msまでかかる時もある。これでは90fps維持することはできない状況
VIVEPro
RTX 2070のフレームタイミング。SS値=400の負荷には耐えきれなかったようで、14msまでかかるようになった
VIVEPro
GTX 1070のフレームタイミング。完全に22fpsをオーバーするフレームも出てきており、45fpsの維持も危うい状況。赤のラインの位置も1段階(1ms)上がっている点に注目

 さすがにSS値=400だと8K相当の描画になるため、最速のRTX 2080 Tiを除き90fpsの維持は難しい状況。

 VIVE Proの内蔵液晶の解像度が上がったとはいえ、ここまでSS値を上げても実際に違いは判別できないため、ここまで上げるのは非現実的といえるだろう。ただしGPUのパワー差はハッキリと見て取れた。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking