2018年12月16日17時00分

ポタフェス2018冬で見つけたちょっと気になる新製品

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
ポタフェス
DMP-Z1

 12月15日から16日まで開催中の“ポタフェス2018冬”。ここではその会場で見つけたちょっと気になる製品を紹介する。

 国内のヘッドホンイベントには、ようやく出展となったソニーの「DMP-Z1」は100万円に迫る価格で登場した、持ち出せるプレーヤーだ。ウォークマンで培った技術を使いながら、据え置き機に匹敵する高出力で駆動力の高いアンプ部を持っている。バッテリー駆動に対応するため、移動して使えるが、主な目的はクリーンな電源部によって高音質化すること。なかなか手にすることは難しいが、そのサウンドを確かめられるのはイベントならでは。

JH-Audioの「Diana」やAZLAの「ORTA」など海外イヤホン

 JH-AudioとAstell&Kernのコラボモデル「Diana」は、アルミボディーの3つのバランスドアーマチュア型ドライバーを搭載した最新モデル。極太で、先端を付け替えることでバランス駆動にも対応できるケーブルなどが特徴。10万円前後と高価なモデルではあるが、ファットな低域かつエネルギッシュな表現は魅力的。Dianaはマイケル・ジャクソンの曲から取ったそうだが、ロック全般をぐいぐい聴くのに適しているのでは?

ポタフェス
Diana。軽快な印象を与えるアルミシェルはJHブランドの中では装着がしやすい。
ポタフェス2018冬
JH-Audioはカスタムを含めて、Astell&Kernの代理店であるアユートが販売することになった。

 AZLAブランドの新製品「ORTA」(オルタ)も参考展示。ブランドのこだわりであるダイナミック型1発の構成。Sedna FitEar Lightという新しいイヤピースを使用しており、軸の部分がHORIZONのものより柔らかいという。

ポタフェス
半透明の筐体はHORIZONなどと同じ。イヤーピースを最適化。
ポタフェス
AZLA ORTA。3色が用意される。

 ルーマニアのブランドMeze Audioのハイブリッドイヤホン「RAI PENTA」も製品化が近づいているようだ。5ドライバ―(BA×4、ダイナミック×1)のハイブリッド構成。質感と音質の良さを両立した99 Classicsや、超ハイエンドのEmpyreanなどで話題を集めている同ブランド。ハイエンドのイヤホンでどのような成果が出るかは期待したいところ。

ポタフェス
RAI PENTA
ポタフェス

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking