2018年12月16日10時00分

もはや完全ワイヤレスイヤホン祭り状態、デザインも機能も豊富な選択肢

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
ポタフェス、完全ワイヤレス
ついに発売となったゼンハイザーの「MOMENTUM True Wireless」。ステムを長めにとっている点が特徴。aptXやaptX LLに対応。バッテリー駆動時間は約4時間、充電ケース併用で合計12時間。実売価格は3万円台後半となる。

 12月15日から16日まで、ベルサール秋葉原で開催中の“ポタフェス2018冬”。

 一大カテゴリーに成長しているものと言えば、やはり「完全ワイヤレス型イヤホン」だろう。非常に多くの製品が登場しているが、ただ単に左右が分離しているだけで話題を集める段階はすでに終わっている。デザイン性、機能などにこだわった選択肢が多く登場している印象だ。新製品中心に紹介しよう。

低価格・高音質、有名ブランドからも多数の新製品

 国内でも正式発表され注目度が高まっているゼンハイザーの「MOMENTUM True Wireless」を始めとして、著名ブランドの本格参入も進んできた。利便性だけでなく、音質面での改善の取り組みが進んでいる。また、長時間化はひとつのトレンドだが、エレコムのように敢えてそこは外して、軽量化に取り組んでいるブランドもある。

ポタフェス、完全ワイヤレス
イギリスRHAの「TrueConnect」。アップルのAirPodsほどではないが、イヤホン部から少し伸びた部分に、アンテナやマイクを付けているとのこと
ポタフェス、完全ワイヤレス
実売価格は2万円強で、IPX5相当の防水性能、本体5時間+ケース充電で最大20時間の使用が可能。片手で簡単に開けられるケースなども魅力だ。
ポタフェス、完全ワイヤレス
片側4gと軽いエレコムの「LBT-TWS02BK」。エントリーレーベル「FAST MUSIC」に属し税別で5000円を切る価格。ウェブ限定販売の製品だ。
ポタフェス、完全ワイヤレス
ハンドメイドのエレガントなデザインと高音質、NFMIを活用した接続性の高さなどを備えたMaster&DYNAMICの「MW07」。カラーは写真のほか合計4色。最大3.5時間の使用、充電ケースで3回充電可能。価格は4万円台前半。
ポタフェス、完全ワイヤレス
TaoTronics初の完全ワイヤレス型イヤホン「TT-BH052」。2000円台の製品で話題を集めたブランドだが、この製品もほぼ6000円と手ごろだ。IPX7準拠の防水性能を備える。3500mAhと大容量の充電ケースを採用している。
ポタフェス、完全ワイヤレス
パイオニアのスポーツイヤホン「SE-E8TW」。IPX5相当の防水性能を備える。実売価格は1万円台半ばで、バッテリー駆動時間は3時間、充電ケースで2回分充電できる。
ポタフェス、完全ワイヤレス
JBLとUNDER ARMOURコラボモデルとして初の完全ワイヤレスイヤホン「UA SPORT WIRELESS FLASH」は注目を集めていた機種。
ポタフェス、完全ワイヤレス
参考出展の1MOREブランド「E1026BT」。来年春の発売。価格は1万円程度になる見込みだ。
ポタフェス、完全ワイヤレス
ポタフェス、完全ワイヤレス
なかなか高級感のある外観で、耳にしっかり固定するサポート部品なども用意している。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking