2018年12月12日17時00分

Twitterで受けるレビューを参加者が実践!HUAWEI MateBook X Pro体験会レポート

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
HUAWEI MateBook X Pro

 今回は、12月5日に角川アスキー総合研究所で開催された「HUAWEI MateBook X Pro 全員レビュー会」の模様をお届けする。MateBook X Proは、「ASCII BESTBUY AWARD 2018 プレミアムモバイルノート部門」で銀賞を獲得。薄くて軽い上にハイスペックの実力派モデルは注目度も高く、イベント当日は、予定していた定員をオーバーする約40名のガジェット好きな参加者が集まった。

HUAWEI MateBook X Pro
ゲストは、IT・ビジネス書作家の戸田覚さん(左)、プログラミングも得意なタレント/エンジニアの池澤あやかさん(中央)の2名。さらに、MateBook X Proレビュー担当編集者のムラリン(右)も登壇した
HUAWEI MateBook X Pro
今回レビューしたMateBook X Proは、「ASCII BESTBUY AWARD 2018 プレミアムモバイルノート部門」で銀賞を獲得したアスキー読者の注目度も高いマシンだ

 イベントのテーマは「全員がレビュアー」。当日は、ゲストだけでなく参加者も実機に触りながら、用意したハッシュタグ「#matebookXpro」をつけてTwitter上で感想をつぶやいた。参加者が細部を撮影した写真や週刊アスキーの紙面と大きさを比較した投稿にゲストが思わず唸って「いいね」をするなど、ゲストと参加者の距離が非常に近い熱のこもったイベントとなった。

HUAWEI MateBook X Pro
当日はゲストと参加者が分け隔てなくイベントの様子やMateBook X Proの感想などを思い思いにツイートした。音響のプロやベンチマークを回す人、チェッカーを持ち込む人など、アスキー読者らしい濃い参加者が集まった
HUAWEI MateBook X Pro
ゲストの池澤さんやムラリンもトーク中に下を向いてツイートしたりやタイムラインをチェックしたりするなど、本イベントならではの光景も

 まずイベント冒頭ではレビューをするにあたって、30年以上に渡ってライターとして活躍している戸田さんが、製品をレビューする際のコツを紹介した。

 そのひとつが、比較する方法。「ただ『ディスプレイが細い』などと書くだけでなく他のものを添えて比較してほしい」という。手軽にできるのが、自分が持っているパソコンとの比較。例えば、MateBook X Proは狭額縁が特徴。他社のパソコンと並べて撮ればその違いは一目瞭然だ。

HUAWEI MateBook X Pro
他の製品と比較することで、より特徴をわかりやすく伝えることができると戸田さん

セッション1「MateBook X Proのデザインの妙」

 本イベントはここからが本番。MateBook X Proで特に注目するべきポイントを3つのセッションに分けて紹介。参加者はゲストの解説を聞きながら、実機に触ってレビューをしていった。

 なお、MateBook X Proのスペックや詳細なレポートについては、元週刊アスキー編集長のみやのプロも書いているので、併せて参考にしてほしい。

MateBook X Pro 試用レポート 超挟額縁で軽いのに高速だった~~!!

HUAWEI MateBook X Pro
各テーブルにMateBook X Proを1台用意。参加者は自由に触ってレビューをした
HUAWEI MateBook X Pro
つぶやきや質問をきっかけに、ゲストと参加者の活発な議論も繰り広げられた

 最初のセッションは「MateBook X Proのデザインの妙」。スマホで実績のあるHUAWEIが作ったモデルということもあり、細部にまでこだわった作りこみがされている。

 MateBook X Proのレビューを担当編集しているムラリンは、「非常に細かい部分まで気を使われていて、他社製品との差は出しつつもカッコよく仕上げたいという意思をすごく感じる。正直に言うと、一世代前までのデザインは多少やぼったい印象もあった。それはそれで個性的なパソコンとして個人的には好きだったが、MateBook X Proからは一気に垢抜けてスマートになった」と話す。

 池澤さんは、「全体的にとてもシックで、ダイヤモンドカットは光を受けるとフチが輝いてすごくカッコいい。タッチパッドのフチなど細部まで加工してある」と好評。ムラリン曰く、「今どきの若い人にもウケそう」なデザインだ。

 数多くのパソコンを比較してきた戸田さんは、狭額縁と液晶の薄さに注目。狭額縁自体は他のメーカーでも登場しているが、「狭額縁であるにも関わらず液晶がここまで薄い」ことが素晴らしいと話す。「薄いということはぶつけた時にガラスが割れやすくなる。この薄さは強度に自信がなければ実現できない」と見所を紹介した。

HUAWEI MateBook X Pro
HUAWEI MateBook X Pro
狭額縁なのにこの液晶の薄さは必見と戸田さん。持ち込んだパソコンと比較する参加者も
HUAWEI MateBook X Pro
HUAWEI MateBook X Pro
池澤さんは、筐体が薄いにも関わらず、きちんとUSB Type-Aが搭載されていることも刺さった模様。「Aマターのアイテムはまだ手放せず、変換ケーブルを持ち運ぶのが煩わしい」と日頃思っていたようで、拡張性も熱心にチェックしていた。他にUSB Type-Cも搭載しているので、モバイルバッテリーからも充電可能だ

 タイムラインを追っていたムラリンからは、ダイヤモンドカットが綺麗で気になったという参加者のツイートが多いと報告があった。ちなみに「ダイヤモンドカットは傷がつくとがっかりしてしまうので、持ち運びや取り扱いは丁寧に」と戸田さん。

HUAWEI MateBook X Pro
参加者からはダイヤモンドカットについてのツイートが多く見られた

セッション2「美麗な液晶と作業のしやすい画面の黄金比」

 次のセッションでは、「美麗な液晶と作業のしやすい画面の黄金比」というテーマでトークが展開された。

 開口一番、戸田さんが個人的に最も気になっていたと話したのが、アスペクト比3:2の液晶画面。たとえ画面サイズが大きくても、横に長い16:9では狭く感じてしまうという。「仕事に使うことが多いOfficeやブラウザなどは、メニューが上部にあるため、横に長い16:9の比率だと、編集画面が細長く表示されてしまう」からだそう。なお、映画をよく見る人なら、16:9でも満足できるだろうと戸田さんが話す通り、参加者によっては4:3の方がいいという意見もあるなど、好みは個人や使い方によって別れるようだ。

HUAWEI MateBook X Pro #1

 現在のノートパソコンで主流の16:9に慣れていたというムラリンも「久しぶりに3:2の画面を見ると広く感じて良いなと思った。狭額縁のせいか13.9インチとは思えない印象を受ける」と、画面占有率91%の狭額縁モニターが与える効果を実感していた。

 解像度は3,000×2,000ドットでフルHDに比べると高スペックだが、戸田さんによると、実は不利な点もあるという。

「網戸を想像した場合、目が細かいと入る光の量が減るので当然暗くなる。同じように解像度が高いパソコンは実は暗い場合が多い。解像度が低ければ明るいパソコンは意外と簡単に作れるが、MateBook X Proは高解像度ながら450nitの明るさを実現しているのがポイント」だという。

 ちなみに、普段使うときは300nitくらいで十分だが、屋外の明るい場所や、暗い部屋で映画などを見る際は明るい方が見やすいそうだ。450nitは他の製品と比較してもかなり明るい数値だという。池澤さんは「この会場で見るとちょっと目が痛くなる」とその高輝度を体感していた。

HUAWEI MateBook X Pro
HUAWEI MateBook X Pro
解像度の高さは写真や動画だけでなく、細かい文字の読みやすさにも影響してくるという
HUAWEI MateBook X Pro
HUAWEI MateBook X Pro
狭額縁を追求した結果、インカメラはキーの中に。「下から撮られるので、写りが気になっていた」という池澤さんも実際に起動してチェックしていた
HUAWEI MateBook X Pro
拡張性や狭額縁、タッチパッドなど、ツイートした内容を紹介する池澤さん

 他にも戸田さんは、作業のしやすさに大きな影響を与えるキーボードの打ち心地もチェックしてほしいという。「ストロークが浅い薄型ノートのキーボードが、デスクトップに比べて打ちにくいのは当たり前。そのストロークの中で、どれくらい打ちやすいかがポイント」だと話す。その点もMateBook X Proは太鼓判を押せるという。池澤さんも「薄型の割にはストロークが深い」と違いを感じたようだ。

HUAWEI MateBook X Pro
キーボードは打ち心地だけでなく、キーの端を押した際に、真ん中を押した場合と同じように反応するかもチェックポイントだという

セッション3「薄型ボディで聴く立体感あるDolby Atmosの音色」

 最後のセッションは音響について。MateBook X Proは、スピーカーに映画館やホームシアターなどで導入が広がっている最新の音響技術「Dolby Atmos」サウンドシステムに対応している。

HUAWEI MateBook X Pro
最後のセッションでは、Dolby JAPAN 技術サポート部 シニア・テクニカル・マネージャーの鈴木敏之さんも登壇して、Dolby Atmosについて解説した

 Dolby Atmosは、2012年にアメリカのDolbyが開発した3D音響技術。従来のサウンドシステムでは、例えば映画の中のさまざまな位置で爆弾が爆発しても同じようにしか聞こえないが、Dolby Atmosでは、遠くの爆発と近くの爆発、それぞれの音が、その場に立っているかのように違って聞こえるそうだ。

 鈴木さんによると、Dolby Atmosに対応した映画などのコンテンツは、音に位置情報を持たせた「オブジェクト」と呼ぶデータの集合体をディスクに納めているという。これにより映像内で3次元の座標軸に音を配置することが可能になり、映画監督は爆発音を画面内のどの位置で鳴らすかということまで指定できるようになったそうだ。また、2chや5.1chといったチャンネルの概念がないのも特徴のひとつ。2chや5.1chなど、利用する機器に合わせて最適な音を再生できるという。

 戸田さんは、スピーカーはパソコンの中でもスペースを取るため、モバイルノートでは各メーカーが苦労している分野だと話す。売れ筋のモデルでも出力1Wのスピーカーが1基のみということもザラにあるそうだ。

 対して、MateBook X Proは、2W出力のウーファー2基+1W出力のツイーター2基を搭載し、Dolby Atmosに対応していないコンテンツでも、従来のモバイルノートでは考えられなかった臨場感のあるサウンドが味わえる。鈴木さんは、「薄型のモバイルノートに搭載できるスピーカーのサイズや数には限界があるが、映画館などで楽しめる臨場感に近づけるようにHUAWEI とDolbyで数や配置などの検討を重ねた」と手応えを語った。

HUAWEI MateBook X Pro
HUAWEI MateBook X Pro
参加者の反応が一番良かったのはこのセッション。「素直に感動している様子が伝わってくる」とムラリンが話す通り、MateBook X Proに入れたDolby Atmos対応のファイルを再生すると、各テーブルの参加者から驚きの声が上がった
HUAWEI MateBook X Pro
3D音響の特徴がよくわかるツイートも
HUAWEI MateBook X Pro
鈴木さんによると、普通のヘッドホンやイヤホンで聞いた場合でも臨場感のある音が楽しめるという。早速自分のイヤホンでチェックした参加者からも「ちゃんとサラウンドしている」「迫力が違う」といった声が
HUAWEI MateBook X Pro
HUAWEI MateBook X Pro
池澤さんもDolby Atmosのサウンドに大興奮。「ツイートを見ている人にこの音質をお届けしたい」と話した通り、読者の方にもぜひ試していただきたいポイントだ
HUAWEI MateBook X Pro

 最後は、HUAWEI製品をかけたじゃんけん大会や、ムラリン、みやのプロからの「メイト」にちなんだプレゼントも用意され、イベントはその日一番の盛り上がりを見せて幕を閉じた。

 レビュアーの人数が多い分、さまざまな感想やゲストが膝を打つ意見も出るなど、実りの多いイベントだった。紹介しきれなかったエピソードもあるが、Twitterから「#matebookXpro」で検索すれば、当日の熱気の一端を覗いていただけるだろう。

 読者の皆さんには、ぜひ店頭などで実機に触ってみてほしい。今回最もゲストや参加者の注目を集めたDolby Atmosのように、ここでは伝えきれないポイントもある。今回のイベントで発表された特徴やポイントを踏まえて「レビュー」していただくと、より細部にわたってMateBook X Proの魅力に気づけるはずだ。

Image from Amazon.co.jp
HUAWEI Matebook X Pro/Core i7/16GB メモリ/512GB SSD/Win 10/13.9インチ/スペースグレー/日本正規代理店品/MAW29CH75CNCNAUA

205,954円

Image from Amazon.co.jp
HUAWEI Matebook X Pro/Core i5/8GB メモリ/256GB SSD/Win 10/13.9インチ/スペースグレー/日本正規代理店品/MAW19BH58BNCNNUA

147,051円

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking