2018年11月30日12時00分

飲食店・美容室が最小限のコストで顧客の心をつかむコツは?

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

平日や連休明けに来店してくれる常連客とSNSで交流

 第1部の最後は、熊崎隆人氏の講義。安定した集客、顧客維持のためのウェブマーケティング活用をレクチャーした。

1114
株式会社デジタルステージ 代表取締役 熊崎隆人氏

 飲食や美容室の場合、客席数やスタイリストの人数に限りがあるため、そもそもホームページのアクセス数やコンバージョン率の増加が、必ずしもプラスにはならないことがある。紹介された小さな店がテレビで紹介されると、一時的に殺到し、常連が逃げてしまった、というのはよく聞く話だ。長期にわたって成功し続けるには、安定的な集客こそが重要になる。

 そこで、平日や連休明けに来店してくれる常連客を維持するために、自社サイトを中心に、ブログやSNSで常連客とのコミュニケーションツールとして活用することを提案。たとえばブログ上で、店頭では見えにくい仕入れや仕込み、スタッフの努力などの情報を発信することで、より店舗のカラーやターゲットに合った顧客が定着するようになる。

tes

 あまり更新が負担にならないようにInstagramなど無料のツールを使い、SNSは常連客の使っているサービスを利用すると効果的、とのこと。

 小さな店舗がウェブマーケティングを低コストにはじめるには、自社内でホームページを作成するのがオススメだ。ホームページ作成ツール『BiNDup』では、HTMLなどの専門知識がなくても簡単に更新・編集が可能。SNS連携や問い合わせフォームの作成など最新機能を搭載し、サイト内にブログを設置し、スマホからの更新も容易だと解説した。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking