2018年11月28日15時20分

少年ジャンプ+とAIマーケティングツールの実証実験結果を発表

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
aj

 モバイルアプリマーケティングツールを展開するReproは11月26日、集英社の協力のもと、iOS/Android向けマンガ誌アプリ「少年ジャンプ+」で離脱しそうなユーザーをAIで予測ができるか、また予測したユーザーを離脱させないようにできるかどうかを検証する実証実験の成果を発表した。

 アプリから離脱しそうなユーザーをAIで予測できるかどうかでは、予測誤差をおよそ10%に留めることができた。

aj

 また、再訪確率の低いユーザーに特典付きのプッシュ通知を配信することで、ユーザーの離脱を防ぐことが可能であることがわかった。

aj
再訪確率が低いユーザーの再訪率の増加が顕著

 さらに、再訪確率が高いユーザーに特典付きのプッシュ通知を配信することで、逆に再訪率を下げてしまうケースがあることも明らかとなった。

 以上の結果、AIを活用することで、従来の方法で要するコストの85%を削減できることがわかった。

aj
AIが離脱確率が高いと予測したユーザーに対して特典を付与し、その特典が使用されたことでかかったコスト

 今回の実証実験結果を受けて、新たなAI活用のサービスとしてベータ版をリリースすることが決定した。同社は今後もAIを活用したマーケティングの自動化を目的とし、研究開発に努めていくとしている。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking