2018年11月27日22時00分

プレイステーション クラシック体験、懐かしすぎてグッとくる

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

プレイステーションのロゴだけでもグッとくる
名作タイトルがそろい踏み

ps
20タイトルを収録

 体験会では、プレイステーションクラシックに収録されている20タイトルを自由にプレーすることができた。昔プレーしていたタイトルから、当時買ってもらえなくてできなかったタイトルまでそろっており、「うわー、プレーしてたわ~」「あ、これ当時できなかったんだよな~」と感慨深くなった。プレイステーション クラシックを起動するときはソニー・インタラクティブエンタテインメントのロゴが表示されるが、各タイトル起動時には、当時のロゴが表示されるため、それだけでもテンションがあがった。

ps
プレイステーション クラシック起動時はSIEだが
ps
各タイトル起動時は当時のロゴが!
ps
発売元の当時のロゴもグッとくるものがある

 また、「XI [sái]」や「ミスタードリラー」といったシンプルだけどプレーすると奥深いタイトルなど、今でも熱中してしまうタイトルも多く用意されている。そのほか、「鉄拳3」や「闘神伝」など、友達と2人プレーで盛り上がれるタイトルもある。

ps
ps
「XI [sái]」
ps
ps
「ミスタードリラー」
ps
ps
「鉄拳3」
ps
ps
「闘神伝」

 もちろん、「ファイナルファンタジーVII インターナショナル」「METAL GEAR SOLID」「女神異聞録ペルソナ」「バイオハザード ディレクターズカット」「サガ フロンティア」など、当時人気を博し続編やリメイクも発売された名作タイトルも収録。

ps
「ファイナルファンタジーVII インターナショナル」
ps
ps
「ファイナルファンタジーVII インターナショナル」
ps
ps
「METAL GEAR SOLID」
ps
ps
「METAL GEAR SOLID」
ps
ps
「女神異聞録ペルソナ」
ps
ps
「バイオハザード ディレクターズカット」
ps
ps
「サガ フロンティア」

 世代的に続編やリメイクをプレーしているけど、これらのタイトルは遊んでいないという人は、この機会にプレイステーションクラシックでプレーしてみてはいかがだろうか。もちろん、当時バリバリプレーしたという人も、昔を思い出しながらプレーしてほしい。収録タイトルは以下のとおり。

収録作品
作品名 発売元(発売当時の社名)
アークザラッド ソニー・コンピュータエンタテインメント
アークザラッドII ソニー・コンピュータエンタテインメント
ARMORED CORE フロム・ソフトウェア
R4 RIDGE RACER TYPE 4 バンダイナムコエンターテインメント
I.Q Intelligent Qube ソニー・コンピュータエンタテインメント
GRADIUS 外伝 KONAMI
XI [sái] ソニー・コンピュータエンタテインメント
サガ フロンティア スクウェア
Gダライアス タイトー
JumpingFlash! アロハ男爵ファンキー大作戦の巻 ソニー・コンピュータエンタテインメント
スーパーパズルファイターIIX カプコン
鉄拳3 バンダイナムコエンターテインメント
闘神伝 タカラ
バイオハザード ディレクターズカット カプコン
パラサイト・イヴ スクウェア
ファイナルファンタジーVII インターナショナル スクウェア
ミスタードリラー バンダイナムコエンターテインメント
女神異聞録ペルソナ アトラス
METAL GEAR SOLID KONAMI
ワイルドアームズ ソニー・コンピュータエンタテインメント

 20タイトルもあるので、正月に実家でやることがないという場合にも、コンパクトなので持っていける。家族で楽しむというのも一興、1人でやり込むこともできる。プレイステーション クラシックは12月3日発売予定で、価格は9980円(税別)。数量限定なので、手に入れたいという人はお早めに。

製品概要
製品名:プレイステーション クラシック
型番:SCPH-1000RJ
発売日:12月3日
価格:9980円(税別)
同梱物:プレイステーション クラシック本体、コントローラー×2、HDMIケーブル、USBケーブル、印刷物一式
CERO:D(17才以上)
映像出力:720p、480p
電源:DC 5V/1.0A
最大消費電力:5W
サイズ:およそ幅149×奥行105×高さ33mm
重量:約170g(コントローラーは約140g)

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking