2018年11月27日22時00分

プレイステーション クラシック体験、懐かしすぎてグッとくる

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

コントローラーはUSB端子、外部出力はHDMI端子に

 初代プレイステーションと比べると、コントローターの接続端子がUSB端子に、電源端子がMicroUSB端子、外部出力がHDMI端子になっている。また、筐体上面の右側にあるOPENと書かれたボタンは、ゲーム内でディスクの切り替え時に使うボタンになっている。初代プレイステーションの収録タイトルには、ディスク4枚組のソフトもあったためディスクを入れ替える必要があったが、プレイステーション クラシックはOPENボタンを押せば内部的に切り替わるわけだ。

ps
コントローラーはUSB接続に
ps
背面にはHDMI端子とMicroUSB端子がある。USBケーブルは付属しているが、ACアダプターはないので注意
ps
コントローラーは初代と同じサイズ
ps
重さは約140g。持つだけでも懐かしくなる

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking