2018年11月20日17時30分

VRがビジネス英会話スクールに導入

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
TORAIZ 英会話VR

 トライオンは11月1日、同社が運営するビジネス英会話プログラムを提供する「TORAIZ」にて、米PlusOneが開発したVRトレーニングソフトウェア「Smart Tutor」の導入を発表した。

 VRを活用することによってプレゼンテーションの実戦練習や、AIによる評価指導などが可能になるとしている。本プログラムはトライズ東京赤坂センターにて11月1日より開始し、順次導入を拡大していくとのこと。

 Smart Tutorでは、VR内でプレゼンテーションの実践練習に取り組むことができ、通常の学習とは異なる臨場感で繰り返しの学習が可能。また、バーチャルな教師「Holosapiens」が生徒のスピーチを発音や流暢さ・スピーチペースなど7つの評価指標でリアルタイムに分析するという。講師がウェブ上のツールから指導に活かすこともでき、生徒が特殊なテーマで英語のスピーキングをしたいという場合にも、それにあわせたシナリオを実装することも可能とのこと。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking