2018年11月20日10時00分

ファーウェイの新スマホで対応する「NMカード」は次世代ストレージの主流になる!?

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

メモリーカードとしての実力を
ベンチマークで測る

 さて、NMカードの速度はリード毎秒最大90MBとのこと。実際にどの程度のスペックなのか、ファーウェイ純正のNMカードリーダーを購入して試してみました。このメモリーカードリーダーはmicroSDカードとNMカードを同時に使うこともできます。

 また、一般的なUSB Type-Aに加えType-Cのコネクターも備えているため、スマートフォンのUSB Type-C端子に直接刺すことも可能です。ただし、スマートフォンではmicroSDカードしかこのカードリーダーでは読み込みできません。

NM
ファーウェイ純正のNMカードリーダー

 読み書きテストの結果です(CrystalDiskMakerにて計測)。NMカードの速度はリード毎秒40MB強、ライト毎秒40MB前後。

NM
NMカードの速度テスト

 サンディスクのClass 10のmicroSDカードを同じリーダーでテストしてみると、リード毎秒40MB強、ライト毎秒15MB前後でした。ということでリード速度はClass 10相当、ライトは速い、と言えそう。

NM
Class 10のmicroSDカードの速度テスト

 より高速なKingstonのUHS-I スピードクラス3対応microSDカードではリード毎秒90MB前後、ライトが毎秒55MB前後。NMカードのライト速度はこのクラスの製品に迫っています。

NM
UHS-1(U3)のmicroSDカードの速度テスト

 なおこのカードリーダー、NMカードは本体内に完全収納できるのでNMカードの持ち運び用にも使えるでしょう。nanoSIMカードを入れてもよさそうですが、端子形状が異なるので悪影響はあるかもしれません。一方、microSDカードはリーダーから出っ張ります。

NM
NMカードは完全収納できる

 NMカードはこの小ささゆえ、頻繁に交換して使うものというよりも、本体に入れたままにして使ったほうがよさそうです。価格が高めなことと購入先が限られているのがマイナスポイント。はたして今後ほかのメーカーの採用はあるのか、またサードパーティー製のNMカードは出てくるのか? 気になるところです。

山根康宏さんのオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking