2018年09月27日18時00分

ジャガーが完全電気自動車「I-PACE」を日本でも発売開始=バッテリーの無償交換も!!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket



 ジャガー・ランドローバー・ジャパンは9月26日にジャガー初のEV(電気自動車)となる「I-PACE」(アイ・ペイス)の日本向け発表会を行った.当日より受注を開始.2019年1~2月ごろから日本でも出荷できる予定という.

ジャガーが完全電気自動車「I-PACE」を日本でも発売開始
特別ゲストはおなじみ錦織選手です.

8年以内にバッテリーが70%にヘタッったら
無償で交換してくれるバッテリー保証付き!!

 I-PACEは2016年秋のロサンゼルス・モーターショーで、同社初のバッテリーとモーターで走る完全EVとして発表された.コンセプトモデルという扱いだったが、量産化も同時に発表し、2018年第2四半期に出荷としていた.

参照記事
ジャガーの初EV「I-PACE」はスポーツ性能重視の未来型デザインで実航続距離500km!
ジャガー

 その予定のとおり、本国のイギリスでは今夏に出荷が始まり、街中を走っているという.EVとしての構造やしくみは上記記事を参照していただき、今回の日本モデルについて説明しよう.

ジャガーが完全電気自動車「I-PACE」を日本でも発売開始
発表会は日比谷のパブリックスペースで行われた
ジャガーが完全電気自動車「I-PACE」を日本でも発売開始
ジャガー・ランドローバー・ジャパンの社長ハンソン氏(左)に続き、駐日英国大使のマデン氏が登壇し、流暢な日本語で「今日もジャガーに乗ってここへきました」.
ジャガーが完全電気自動車「I-PACE」を日本でも発売開始
現ラインアップの中ではF-PACEと同じ位置になる.

 I-PACEは床下にバッテリーを積み、前後2台のモーターを使って4WDするのが基本スタイル.リチウムイオンバッテリーの容量は90kWhで、航続距離は最長470kmと発表されている.WLTPモードによる数値で、「Worldwide harmonized Light vehicles Test Procedure」という手法で計測したもので、実際の燃費に近い値だそうだ.

ジャガーが完全電気自動車「I-PACE」を日本でも発売開始
ファーストエディションはこの「フォトンレッド」です.

 動力性能としては、最高出力400PS、最大トルク696Nm、0-100キロ加速4.8秒とスポーツカー並みのパワーを持つのもEVの魅力である.

ジャガーが完全電気自動車「I-PACE」を日本でも発売開始
他社スポーツカーとの動力性能の比較.

 家庭での7kW出力の電源では0%から80%までバッテリーを充電するのに約10時間かかるが、50kWの急速充電では約85分で完了する.

ジャガーが完全電気自動車「I-PACE」を日本でも発売開始
錦織選手による「バックハンド」の充電ポーズです.
ジャガーが完全電気自動車「I-PACE」を日本でも発売開始
充電中のコックピット・ディスプレイはこんなです.

 人工知能(AI)を使った「スマート・セッティング」を初搭載し、ドライバーが近づいてくると、好みに応じた温度設定やインフォテインメント、シート位置などを調整してくれる.

ジャガーが完全電気自動車「I-PACE」を日本でも発売開始
スマホを使って、離れた場所で充電状態がわかります.

 もちろんワイヤレスでファームウェアのアップデートを行い、常に最新のソフトが動作するという.Apple Car PlayとGoogle Android Audioの両方も採用し、かつ車内には無線LANが飛んでいるそうだ.

ジャガーが完全電気自動車「I-PACE」を日本でも発売開始
SUVとして発売になりますが、全高は1565ミリと、セダンなみで乗り降りもしやすかったです.

 いちばんステキと思ったのは、バッテリーの保証である.車両としては登録から5年間・走行距離無制限がついているが、これは故障についてである.バッテリーは徐々に能力が落ちていくので、なかなか「故障」とは認めにくい.

 そこで、8年以内で走行距離16万キロ以内ならば、バッテリー容量が元の70%を下回った場合に無償で交換してくれる.8年間というのがイカしているのだ.

ジャガーが完全電気自動車「I-PACE」を日本でも発売開始
後ろ姿もなかなかキレイです.Cd値は0.29とこれもスポーツカー並みですね.

日本でのグレードは3種類
ガラスルーフから内装までフルカスタマイズだ

 ジャガーの新車でおなじみの「FirstEdition」とは、ほぼ決まったスペックで、とにかく早く乗りたい人向けのちょっとお高いモデル.

ジャガーが完全電気自動車「I-PACE」を日本でも発売開始
コックピットに座るとこんな感じです.
ジャガーが完全電気自動車「I-PACE」を日本でも発売開始
スクリーンはHUDも入れて4台搭載しております

 通常モデルはS/SE/HSEの3つで、ホイールサイズやシートの機能、クルーズコントロールなどが異なる.バッテリー容量や動力性能は同じだ.

ジャガーが完全電気自動車「I-PACE」を日本でも発売開始
I-PACEのバリエーションの図.無限に自分好みの仕上げを指定できます.これに加えてオプションもあります.

 ボディカラーは12色もあり、ホイール9種類、インテリアはヘッドライニング(天井まわり)が4種類、トリムフィニッシャー(ドアやフロントグリルまわり)が4種類、シートの形が2種類あり、その素材が5種類、インテリアが5種類と掛け合わせると無限のバリエーションとなる.

ジャガーが完全電気自動車「I-PACE」を日本でも発売開始
従来のシフトノブにあたるのが運転席側の4つのボタンで、上からD、N、R、Pだけです.

 さて、気になるお値段は、FirstEditionがプレミアム価格で消費税込み1323万円.3グレードは959万円、1064万円、1162万円となっている.

ジャガーが完全電気自動車「I-PACE」を日本でも発売開始

 ちなみに、ジャガーは2020年までに、ジャガーとランドローバーの「全車種」について「電動」のオプションを用意するという.ライトハイブリッドからEVまでさまざまなレベルがあるが、全車種というのがスゴいのだ.ジャガーは本気でEVに向かっているのである.

ジャガーが完全電気自動車「I-PACE」を日本でも発売開始
早く試乗してみたいですね~~~

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking