2018年08月24日16時00分

AI開発や遠隔制御の進化をうながす産業IoTフレームワーク「intdash」【9/14体験展示】

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ハードウェアやIoTプロダクト関連の事業者が集結する交流イベントが9月14日(金)、東京・赤坂にて開催される。「IoT&H/W BIZ DAY 6 by ASCII STARTUP」での出展企業ブースの紹介第1弾をお届け!

■■展示ブース入場無料! 参加登録はコチラから!■■

産業IoTフレームワーク「intdash」
アプトポッド

bus1
「intdash」

 センサーフュージョンシステムなどから発する大量データを、双方向なストリームネットワーク化することでエッジコンピューティングベースのAI開発の深化、遠隔制御の進化など多様な未来を切り開くことが可能となる。同社のデータハブシステムである「intdash」を中心として、さまざまなエッジデバイスのテレメトリーや遠隔制御デモ動画などを披露する。

生体電極のパイオニア
アイ・メデックス

bus1

 アイ・メデックスは生体電極専業メーカーで、素材研究から電極スクリーン印刷、ゲル製造まで100%内製化していることが特長。日本の医療市場にて海外製が高いシェアを持つなか、かぶれにくいことや電磁ノイズに強いという独自技術が評価されている。展示ブースでは各種製品の展示以外にもウェアラブルセンサーを使用したデモンストレーションも予定。

バタフライボード
バタフライボード

bus1

 バタフライボードは、特許技術「スナップ・バインディング・テクノロジー」により、大きなホワイトボードを持ち歩けるノートサイズに小型化したコミュニケーションツール。今回は新たに加わったバタフライボード専用「カラージャケット」と、カラー化に成功した「0.5mm極細ホワイトボードペンシル」を一般販売開始前に展示、デモを実施する。

『IoT&H/W BIZ DAY 6 by ASCII STARTUP』
■日時:2018年9月14日(金)
開場 11時30分 終了予定 18時(予定)
■場所:赤坂インターシティコンファレンス
〒107-0052 東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR 4F(the AIR)
■入場料:展示ブース(無料)、カンファレンスフリーパス(3000円)
■イベント内容:5セッションを実施予定、出展ブース ハードウェア/IoTスタートアップ企業による展示、実機デモ、物販など
■参加方法:カンファレンス/展示エリア共に事前登録制
■主催:ASCII STARTUP
■協賛・協力:アスカネット、Startup Hub Tokyo、formrun
■出展:ビッグローブ、アスカネット、QDレーザ、エイブリッジ、Acculus、OQTA、toraru、mui Lab、ヒナタデザイン、アプトポッド、XSHELL、バタフライボード、ドリコス、Nature Japan、ADZUKI Trading、JSB Trading、BRAIN MAGIC、アイ・メデックス、TeNKYU ほか
※プログラム内容は予定です。都合により変更となる場合があります。

■■参加登録はコチラから!(予約ページに遷移します)■■

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking