2018年07月27日16時40分

サムスン、新有機ELの商標登録 VR向けパネル開発か?

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 サムスンは、欧州連合知的財産庁へ「Anti SDE AMOLED(対スクリーンドアエフェクトAMOLED)」の商標登録を行った。同商標からは、VR向けの新しい有機ELパネルを開発していることが伺える。

a
スクリーンドア効果

 オランダのGalaxyClub.nlの報道によれば、サムスンは今月「Anti SDE AMOLED(対スクリーンドアエフェクトのAMOLED)」という商標を提出。具体的な関連商品は明らかにされていないものの、VRヘッドセットでたびたび指摘される「スクリーンドアエフェクト」への言及から、よりVRに特化した製品の開発を進めていると考えられる。スクリーンドアエフェクト(The screen-door effect 、SDE)は、ディスプレイに網目模様が見えてしまう問題のこと。ピクセル間には明度の差があるため、VR映像を視聴する際にグリッド線のような模様が視界に入ってしまい、没入感を削いでしまう。

 サムスンは2018年5月のSID Display Weekにて、2.43インチ、リフレッシュレート120Hz、1,200ppiの高精細パネルを発表している。現行のOclus RiftやHTC Viveに使うパネルの精細度460ppiに対して、非常に大きな進歩だ。この背景を考慮すると、サムスンが他社、あるいは自社のVRヘッドセットに新しいパネルを搭載し、リリースする可能性も十分ありうるだろう。さらなる高精細なVRヘッドセットの登場に期待したい。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking