2018年07月08日12時00分

1型センサー搭載高級コンデジ、パナソニック「TX2」とソニー「RX100M6」はどっちが買い!?

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

4Kフォトで決定的瞬間も逃さないTX2

 望遠で撮りたいものはたくさんあるが、被写体によってはAFの速さや連写能力が必要になってくる。

 そしてどっちのカメラも、さすがのAF性能・連写パワーなのだ。

 TX2のAFはコントラスト検出方式。像面位相差は未搭載だが、独自の「空間認識AF」の採用で遅さは感じない。

 連写性能はフォーカス固定で秒約10コマ、AF追従だと秒約6コマとなる。

TX2 vs RX100M6
TX2の連写で撮った猿。オレンジ色のボールに何か食べ物が入っているらしい。目がボールに開いた穴を見つめる瞬間をセレクト(360mm相当 1/200秒 F6.4 ISO 200)

 さらに高速連写を求める人にはパナソニック得意の4Kフォトの出番。

 あとから静止画として切り出すためのクオリティーで4K動画を撮り、好きなコマを写真として取り出す機能だ。

 全コマを書き出す機能もある。そうすると秒30コマで4Kサイズ(約800万画素)の超高速連写が可能だ。

TX2 vs RX100M6
4Kフォトで撮った飛び降りる猿。全コマ書き出してサムネイルを並べてみた。秒30コマの連写だとここまで細かく撮れる

 800万画素サイズでもOKならこれでよし。動きものを撮れるようシャッタースピードも速めにセットしてくれる。

TX2 vs RX100M6
4Kフォトで捉えた、カイツブリの親がヒナにエサを与える瞬間。あとから決定的瞬間を選べるのは便利(360mm相当 1/320秒 F6.4 ISO 1600)

 4Kフォトはプリ連写を使うと、シャッターを押しきる直前の画像も収めてくれるので、決定的瞬間を撮りたいときはそれが便利。

AFが超高速! 追従で秒24コマの連写ができるRX100M6

TX2 vs RX100M6
猫が飛び降りる瞬間をAF追従連写で撮ってサムネイルを並べてみた

 RX100M6の速さはちょっと異次元だ。

 AFは世界最速0.03秒をうたう超高速で、315点の像面位相差AFとコントラスト検出の併用式。

 AFが速いこともあり、連写はAF追従で最高秒約24コマを実現。もう動画と変わらないレベルだし、連写中もファインダー内表示が途切れにくいので快適に撮れる。これはすごい。

TX2 vs RX100M6
RX100M6で捉えた鳴くペンギンの図。AFや連写が速いのでこういう決定的瞬間を捉えやすい。AF追従性能もいい(200mm相当 1/800秒 F4.5 ISO 125)

 どちらもカメラが決めたAFポイントが意図と違っていれば、タッチAFでさっと指定し直せるのがいい。

電子シャッターの歪みが少ないRX100M6

 さて、なぜ秒24コマや30コマ(4Kフォトの場合)が実現できるかというと、「メカシャッター」ではなく「電子シャッター」を使っているからだ。

 電子シャッターだとシャッタースピードも連写速度も上げられるし、シャッター音もしないのでいいのだが、CMOSイメージセンサーの構造上、高速に動くものを撮るとどうしても“歪み”が発生してしまう。

 RX100M6が搭載するイメージセンサーは読み出しを高速化することで、その歪みをぐっと減らした(アンチディストーションシャッターと銘打たれている)。

 どのくらい違うのか、走る電車の中から撮った写真で比べてみた。電子シャッターにし、シャッタースピードを1/1000秒に固定して、左右の手にそれぞれのカメラを持って連写した中から取りだした1枚だ。

TX2 vs RX100M6
TX2で快速の車内から駅を通過する瞬間を撮影。手前にあるものほど大きく傾いて写っている。まあこれが普通だ
TX2 vs RX100M6
RX100M6で同じ被写体を撮影。高速読み出しセンサーのおかげで歪みがかなり減っている。通常の撮影ならほとんど歪みを感じないはず

 近くのものほど大きく歪むのでそれを念頭に置いて、ホームのベンチをあたりを見てもらえるとわかりやすいが、確かにRX100M6の方が歪みが圧倒的に少ない。

 望遠撮影性能ではTX2が優れているが、連写を楽しむならRX100M6が強いのだ。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking