2018年05月30日17時30分

クアルコム、HMD用途に向けた新プラットフォーム「Snapdragon XR1」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
「Snapdragon XR1」
「Qualcomm Snapdragon XR1」

 米Qualcommは5月29日(米国時間)、Extended Reality用のプラットフォーム「Qualcomm Snapdragon XR1」を発表した。

 ARMベースのマルチコアCPUとベクタープロセッサー、GPUやAIエンジンを統合。デュアルディスプレー、3Dオーバーレイ、最高60フレーム/秒の4K解像度や3軸6自由度のヘッドトラッキングをサポート。また、Bluetoothなどの通信機能や3Dオーディオ処理も備え、音声アシスタントなどの機能も含めた新世代のHMD用途を想定している。

 すでにMeta、VIVE、Vuzix、Picoareなどで各HMDメーカーがSnapdragon XR1を用いたデバイスを開発中という。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking