2018年06月18日16時30分

お釣りをチャージできる 電子マネー発行プラットフォーム

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
541

 ポケットチェンジは6月18日、お釣りの現金を直接チャージ可能な、電子マネー発行プラットフォーム「ポケットチェンジ PAY」を発表した。サービス開始予定は2018年夏からで、初期開発費用および、決済手数料は無料。

541

 小売飲食店・施設・自治体・個人事業主などが、同社独自の電子マネー(ハウスマネー・地域通貨など)を発行。スマホアプリにチャージ、店舗などで支払に利用できる。

541

 専用チャージ機や連携POSレジなどの各種チャージ手段で入金し、スマホアプリにお金をチャージ、支払利用ができる。QRコードのスキャンとスマホタッチの2種類に同時に対応し、利用者間の送金も可能。

 1円単位からチャージだけではなく、1セント単位からの外貨現金チャージも可能。紙幣からチャージするのに抵抗がある利用者も、小銭を貯金する感覚で利用できるとしている。

 さらに、連携レジでは、お釣りを現金で受け取る代わりに、直接その店の電子マネーにチャージ可能。事業者にとっては、お釣り現金を活用して顧客エンゲージメントを高めるだけではなく、レジ現金用意が減るため、資金効率が高まるメリットもあるという。

 名刺サイズの専用決済デバイスはオフライン利用可能でバッテリー稼働。テーブル会計時や屋外利用時にも対応。デバイスを手にした人が、だれでも、どこでも、レジになれるとする。

 ポケットチェンジによると、同社サービスの日本人利用のうち約8%は「日本円小銭を、日本の電子マネー・ギフト券などに交換する取引」だという。キャッシュレス社会で厄介者になっているお釣り・硬貨を貯金する感覚で、便利・お得に電子マネーに交換できるとのこと。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking