2018年06月15日10時00分

2画面や23cmの超縦長なものまで台湾の業務用スマホがアツイ!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

カジュアルな色合いのプリンター内蔵端末「i5」

 5型ディスプレーを内蔵したSanlan社の「i5」はレシート打ち出し用のサーマルプリンターを内蔵した端末。この手の端末はすでに各社から販売されていますが、このi5はカジュアルな色合いのボディーが特徴です。おもちゃ屋さんなどで使われていたらお店の雰囲気にも似合いそう。本体カラーはほかにオレンジもあります。

BtoB
緑のボディーが業務用には見えないi5

 充電用のステーションも同じカラーリングのものが付属。特筆すべき機能はこれといってないのですが、黒や白といったありがちな色合いではないあたりにメーカーの遊び心も感じられるところです。

BtoB
58mmのロール式感熱紙利用、各社似たような本体デザインだ
BtoB
クレードルも同じカラーでそろえている

デザイン重視で設計された業務用スマホ「F750」

 Cilico社の「F750」はテンキーを備えたスマートフォンで、ディスプレーは4型(480×800ドット)。テンキー部分にはファンクションキーを2つ備え、アプリや機能のショートカットボタンとして利用できます。本体下部は丸みを帯びた形状で持ちやすそうです。

BtoB
テンキー端末のF750。ファンクションキーも搭載

 本体は黒をベースにスカイブルーのパーツを組み合わせたツートンカラー。全体的に曲線を多用しており、北欧製品っぽさも感じられます。ブース担当者によると、本体設計を手掛けるデザイナーも自社にいるそうで、業務用端末の世界にも美しい製品を提供したいと考えているそうです。理科系出身の筆者には、どことなくカシオの関数電卓のイメージもかぶります。こんな端末を荷物配送の人が持っていたら、ちょっと注目しちゃいそうです。

BtoB
黒と青のコントラストがなかなかきれい
BtoB
業務用端末だけに使うにはもったいないかも

 普段見かける大手メーカーのスマートフォンには見られないデザインや機能が搭載された業務用のスマートフォン。黒くてゴツイデザインの製品ばかりでしたが、それも少しずつ変わりはじめています。海外のIT系の展示会では業務用・B2B向けの製品もチェックするのが楽しくなりそうです。

BtoB
業務用スマホの世界は奥が深い

山根康宏さんのオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking