2018年05月31日11時00分

PS4のHDDを2TB「FireCuda」に変えたら起動速度が向上!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ここまで準備ができたら、換装作業に移る。PS4は「CUH-1000A」から「CUH-2100B」まで、複数モデルのモデルが販売されている。今回はメインで白い筐体の「CUH-2100AB02」を使用した。HDDの位置は、「CUH-」以降1000番台と、2000番台とで異なる。「CUH-2100AB02」の内蔵HDDがある場所は、背面の右角部分。ここのカバーを右方向へ指でズラすと、すぐに外れる。爪ではまっているだけなので、着脱時に折れないように十分注意しよう。

FireCuda
背面右角にカバーがあるので、これを右側へスライドして取り外す
FireCuda
FireCuda
カパーを外すとフイルムのような取っ手が現れ、右側側面に1つネジがある
FireCuda
FireCuda
ネジをドライバーで外して、その後に取っ手を引っ張るとHDDを固定するアタッチメントが現れる
FireCuda
ケースの4つのネジを外すと、HDDをアタッチメントから取り外せる。ネジの部分に吸振用のゴムがついているので取れないように注意

CUH-1000Aの場合

CUH-1000
PlayStationのロゴのある方のカバーをスライドさせると、サイドのスリットがある箇所から取り外せる
CUH-1000
左手前のネジひとつで固定されているため、そのネジを取り外す
CUH-1000
アタッチメントの飛び出している取っ手部分を持って引き出す。後の作業は、CUH-2000以降のモデルと同じ
FireCuda
内蔵されていたHDDと交換する「ST2000LX001」(左)
FireCuda
アタッチメントに「ST2000LX001」をネジ止め
FireCuda
本体内に収めてネジ止めし、カバーを元に戻したら換装は完了

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking